ロザンのクイズ番組がレギュラーに「見つかってしまった」

2020.12.17 07:15

(右から)ロザン(宇治原史規、菅広文)、高橋真理恵アナウンサー(c)ktv

(写真4枚)

お笑いコンビ・ロザンがMCを務める新番組『ロザンのクイズの神様』(カンテレ・関西ローカル)が、2021年1月より放送開始される。

過去2回、特番として放送された同番組は、京都大学出身で芸能界の「クイズ王」とも呼ばれる宇治原に、若手芸人たちが街で見つけた問題で勝負を挑むというもの。さらに、宇治原は問題の質を「良問」「愚問」「大バカ問」の3段階でジャッジするという。

同番組について宇治原は、「クイズは問題に不備があっては絶対ダメですよね。それなのに、この番組では未完成のまま出してくるんです。ゆるい雰囲気でやっていますけれど、クイズ自体をジャッジするっていうのは、実は画期的」と語る。

一方、番組のレギュラー化にあたって菅は、「この番組の面白さがやっぱり見つかってしまったな・・・っていう感じです。こっそり楽しくやっていたのにね(笑)」とコメント。初回放送は2021年1月9日から、毎週土曜午前10時33分より放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本