朝日奈央が高校女子サッカー取材、スタッフにダメ出しも

2020.12.12 20:15

高校女子サッカーの取材に挑む朝日奈央(写真提供:MBS)

(写真2枚)

朝日奈央がMCを務める番組『朝日奈央のキラめきスポーツ ~キラスポ~』(MBS)の12月13日放送回で、朝日奈央がスタッフにダメ出しし、MCとしての自負を貫く一幕が起こる。

今回は「未来のなでしこジャパン」が奮闘する高校女子サッカーを特集。2021年1月3日から開幕する『全日本高校女子サッカー選手権』を前に、栃木県でおこなわれた関東地区大会に密着し、コロナで春夏と試合ができなかった3年生の最後の戦いを追う。

強豪ひしめく関東大会の1回戦、全国大会の決勝でも不思議ではない好カード「前橋育英(群馬)vs 十文字(東京)」に注目。全国制覇を掲げる両校のどちらかが消える一戦は、意地のぶつかり合いで一進一退の戦いとなった。結果はPKで前橋育英の勝利。「笑って終われー!」と仲間から声援が飛ぶなか、十文字の全国制覇の道は閉ざされることとなった。

最後までボールを諦めない、高校生たちのひたむきさに心を打たれながら、スタジオでVTRを見ていた朝日だったが、別ブロックからミラクルで勝ち進んだ修徳高校の決勝戦を紹介する際、事件は起こった。

当然あるべき決勝戦のVTRのフリをおこなった朝日に、「実は決勝のロケに行けていません」とディレクターから残念な報告が。「他校の『撮れ高』が良かったので・・・」という理由に、番組MCの意地とプライドにかけて朝日は、「そんなので今後、番組をやっていけますか!?」「ブチギレてますからね!」とスタッフにカメラの前でダメ出し。

修徳高校を訪れる朝日奈央(写真提供:MBS)

ただ、そこは番組MCとしての責任とバラエティで鍛えた対応力で、実は決勝戦のあと、優勝した修徳高校へ取材にちゃんと行っていたことを伝える朝日。ギリギリで「放送事故」を回避した。この模様は12月13日・24時50分から放送されるほか、放送終了後にはTVerやMBS動画イズムでも配信される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本