コロナ禍の関西演劇祭「そろそろ伝説の奴が出てきそう」

2020.11.16 06:45

『関西演劇祭』スペシャルサポーターの行定勲と西田シャトナー

(写真9枚)

「劇場で観ることは特別なことやってんな・・・と」(西田シャトナー)

──ティーチインに一般のお客様が参加できるのが、この演劇祭の特にユニークな所だと思いますが、何か印象に残った意見とかありましたか?

西田 その劇団のファンの方だと思うんですけど、舞台美術の雑さが我慢できなくて「あなたたちの芝居は、こんなもんじゃないでしょう!」って、怒りに燃えた言葉をかけた人がいましたよね。

行定 愛情のこもったダメ出しが。やさしいなあ。なかなかないですよ、あんなシーン。

西田 誰もがそういうことを言える空気なのは、すごくいいですよね。今年はコロナがあって、みんな劇場に足を運びにくいかもしれないけど、だからこそ「今その場で起こってること」を目撃するのが、非常に貴重になっていくと思うんです。今はいろんな場所にいる人たちが、同時に同じ体験ができるという技術が進んでいるけど、「今この場で、この人と同じ空間でこれを観ている」というのは、また何か宝物みたいな時間なんですよね。

2019年の関西演劇祭より。ベストアクター賞とベストアクトレス賞を総なめにした「オパンポン創造社」
2019年の関西演劇祭より。ベストアクター賞とベストアクトレス賞を総なめにした「オパンポン創造社」

行定 リモートじゃ伝わらないものが、多分あるんですよ。フィジカルでやるという意味は、コロナによって余計明確になったと、僕は思います。だから「今年は止めて、来年やります」というのではなく、今年やってみたら、どんな状態になるか・・・。たとえ惨憺(さんたん)たる結果になったとしても、やってみなきゃ判断できないこともある。『くまもと復興映画祭』(注:行定がディレクターを務めている)も「今年はリモートでやりましょう」という話が出たんですが「文化に触れることをないがしろにしちゃいかん」というので、あえてフィジカルでやったんです

──やはり映画も、ひとりでスマホの画面で観るのと、大勢の人と一緒に大きなスクリーンで観るのとでは、全然鑑賞後の気分は違いますよね。

行定 そうでしょう? なのでマスクとか消毒とかのルールをいろいろ決めて、それで何の問題もなく映画祭を成立できた。そうしたらやっぱり、リモートだけの開催予定だったある映画祭が「フィジカルでやる」と言い始めたんです。

西田 え、それはすごい! モデルケースができたってことですよね?

行定 そう、モデルが1個できたらみんなやるんですよ。しかも去年より、お客さんがたくさん来ました(笑)。単純に会場が大きくなったというのもあるけど、フィジカルな表現に飢えていた人が多かったというのも、絶対あると思います。だからこそフィジカルな催しはおこなっていくべきだと思うし、この演劇祭に参加する団体には、あとで「それは(生で)観たかったなあ」と思えるようなものをやって欲しい。

西田 改めて「劇場に足を運んで、何かを観る」ということが、当たり前ではなく、すごく特別なことやってんな・・・ということを感じる半年間を経ただけにね。

佐々木蔵之介らが所属していた劇団「惑星ピスタチオ」の脚本・演出家で、舞台『弱虫ペダル』なども手掛ける西田シャトナー
佐々木蔵之介らが所属していた劇団「惑星ピスタチオ」の脚本・演出家で、舞台『弱虫ペダル』なども手掛ける西田シャトナー

行定 肉体がちゃんと観客に届けられるということが、どんなに贅沢なことだったのか。僕ら映像も、大きなスクリーンで映画を観るってことが、どれぐらい贅沢なことなのかということを、やはり考えさせられる時代に来ています。映像は今、配信だけで済ませるというケースが増えて、劇場で上映できない映画がどんどん増えているんです。その「場」を自分たちで作らないと、一番見せたいものが観てもらえないという状況は、演劇でも映画でも、コロナ以降ますますシビアになってくるかなと思います。

『関西演劇祭2020』

日程:2020年11月21日(土)〜29日(日)※25日・26日は休演
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール(大阪市中央区大阪城3-6)
料金:一般3000円、学生2000円(当日は各500円増)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本