関西発の演劇祭に行定監督「コロナ禍での開催は大英断」

2020.10.17 17:15

『関西演劇祭』の開催を喜ぶ行定勲監督(10月11日・大阪市内)

(写真5枚)

関西から演劇界を盛り上げるため、11月21日からおこなわれる『関西演劇祭2020』。10月11日の発表会見では、当演劇祭のフェスティバルディレクター・板尾創路や、演出家の西田シャトナー、映画監督の行定勲らが登壇し、開催に向けての意気込みを語った。

なかでも行定は、「このコロナ禍においての開催は本当に大英断。みんなが立ち止まざるを得ない状況でありながら、このような文化に触れる機会を作っていただけるのは、自分のこれからの人生にもすごく意義のあること」と喜びをあらわにした。

また、今年は東京からも1劇団が参加することから、「僕の関西の演劇のイメージは『濃い』。それだけに関西以外の地域から劇団が参加することで、どんな化学変化が起こり、新しいものが生まれるか期待したい」と、新たな出会いを心待ちにしている様子だった。

今年は、劇場とオンライン配信のハイブリッドで上演。板尾は「ティーチインをはじめ、『関西演劇祭』の面白さは実際に体感してみないと分からない」と語りつつ、「どうしても来られない方は配信で視聴してほしい。新鮮な10劇団のお芝居があるので、観劇というより参加するという気持ちで観ていただけたら、すごく楽しめると思う」といざなった。

同演劇祭は、11月29日まで「TTホール」(大阪市中央区)にて。オーディションを通過した10劇団が参加し、期間中に1公演2劇団の作品をオムニバス上演する。

出演団体は、「Artist Unit イカスケ」「安住の地」「キミノアオハル」「くによし組」「劇団アンサングヒーロー」「劇団 右脳爆発」「劇団The Timeless Letter×ラビット番長」「劇団乱れ桜」「ばぶれるりぐる」「May」。チケットは一般3000円、学生2000円(当日は各500円増)で発売中。

取材・文・写真/岩本

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本