非現実ではなく「現実」を・・・阪急百貨店の福袋に変化

2020.11.12 14:20

ビューティ、グルメなど、各界の著名陣らが、好みに合わせてカスタムしてくれるものが中心に

(写真8枚)

「阪急うめだ本店」(大阪市北区)が、2021年度の企画福袋を11月12日に発表。例年からテーマを一新し、新しい生活様式を意識したスタイルへと変化を遂げている。

3年前から企画系福袋として、あこがれの体験を福袋で提案してきた同百貨店。今回は「家ナカ消費」と「オンライン」をキーワードに、21の福袋を企画。

「今までは非日常を福袋で追求してきましたが、これからはいかに日常を楽しく過ごすかが大事。心が豊かに過ごせるよう、新しいライフスタイルを紹介していきたいと思います」と広報担当者は説明する。

目指したのは、おうちでの暮らしを満喫するための「家充(いえじゅう)」と「美活」。ミシュラン12年獲得のフランス料理店「リュミエール」の唐渡シェフが教えるオンラインレッスン(3組限定、4名分5万円)、美尻トレーナー岡部友によるオンラインおうちトレーニングレッスン(Aコース1名限定11万、Bコースは80名限定1万千円)など。外出することなく楽しめる福袋が中心となっている。

もっとも高いのは、草間彌生の代表作「かぼちゃ」を含むアート福袋で880万円。内容によって応募方法・申し込み期間が異なり、先着順もしくは抽選制。詳細は公式サイトにて。

「阪急うめだ本店」

住所:大阪市北区角田町8-7
電話:06-6361-1381

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本