芸人と会社員を掛け持ちするラランド・サーヤ、素顔に迫る

2020.10.6 21:45

ラランド(左からボケのサーヤ、ツッコミのニシダ)

(写真5枚)

「自身が課す7つのルール=こだわり」を手がかりに、その女性の強さ、弱さ、美しさ、その人生観を映し出す新感覚ドキュメント番組『セブンルール』(カンテレ)。6日の放送回は、お笑いコンビ・ラランドのサーヤに迫る。

『M−1グランプリ2019』で準決勝に進出し、一躍脚光を浴びる存在になったお笑いコンビ・ラランド。ボケのサーヤとツッコミのニシダのコンビで、今年は多くのテレビ番組に出演している。

一見普通の若手男女コンビだが、実はサーヤは、芸人でありながら広告代理店で会社員としても働いている。さらにラランドは、どこの芸能事務所にも所属していないフリーランスの芸人。アルコ&ピースの平子祐希や、さらば青春の光・森田哲矢と東ブクロも、フリーで活躍できるすごさや、芸人としての力量の高さを認める。

東京・八王子生まれ、実家は決して裕福ではなかったというサーヤだが、「親も全然贅沢をしないで私に全部注ぎ込んでくれた。中・高・大と私立に通うって相当大変だったと思う」と話す。

そんな彼女が、小学生の頃から大好きだったもの、それがお笑いだった。いつしか、将来はお笑い芸人になりたいと思うようになったが・・・。サーヤは「親に対する恩義があって、そのまま私が養成所に行くっていうのをとても言えなかった。というより言いたくなかった」と当時を振りかえる。

大学進学後、お笑いサークルで出会ったニシダとラランドを結成すると、数多くの学生漫才で優勝。芸能事務所からもオファーが殺到したが、彼女が選んだのは、就職して働きながら芸人を続けるという道だった。

芸人でありながら広告代理店で会社員としても働いているサーヤ

2つの道を両立させるという物珍しさから、心ない言葉を浴びせらることもあるという。それでも彼女がぶれずに突き進む理由とは何か。また、フリーの芸人として活動するが故に感じることができる喜びもあるという。この模様は10月6日・23時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本