ほぼタダ?大阪でお得な飲食店応援キャンペーンが18日から

2020.9.17 07:15

定例会見のフリップより「少人数利用 飲食店応援キャンペーン事業の開始について」(9月16日・大阪府庁)

(写真4枚)

大阪府による『少人数利用飲食店応援キャンペーン』が9月18日にスタートすることが、16日の知事定例会見で発表。グルメサイトからの予約で2000円分のポイントが付与され、『GO TO EATキャンペーン』と併用することもできるという。

このキャンペーンは、府下の飲食店で4人以下・5000円以上のメニューをグルメ予約サイトから予約・利用することで、2000円分のポイントが付与されるもの。

8月6日から20日まで休業・営業時短要請がおこなわれたミナミの一部地域では、10月末までの限定でさらに2000円分のポイントが上乗せされる。

また、10月1日から開始される国の『GO TO EATキャンペーン』と併用することも可能。こちらも同様にオンライン予約(昼ひとり500円、夕方15時以降ひとり1000円分)によるポイント付与と、「プレミアム付き食事券」販売(25%増)の2パターンで飲食店の利用を促すもの。

これが府のキャンペーンと併用できるとなるとミナミ対象地域で4人以下税込み5500円の飲食をした場合、『GO TO EAT』のプレミアム付き食事券を使って支払いをすれば1000円安くなり、府から4000円のポイント付与があるため実質500円と、計5000円もお得になる。

吉村洋文知事は、「ミナミにおいては5000円の料理で5000円分ポイント付与されるすごい状況になる。食は大阪の魅力。感染が抑えられている時期は一生懸命支えて応援していきたい」と意気込んだ。

なお、『GO TO EAT』における最低利用料金は現時点で発表されておらず詳細が未定。

例えば4人で飲食店を利用した場合ひとり1000円で4人分4000円のポイントが付与され、ミナミの一部地域であればなんと合計8000円分のポイントが付与されることになる。

府の担当者によると、「うまく利用すれば、プラスになるケースもあるが、現時点では国の詳細が決まっておらず、10月1日のキャンペーン開始時にはわかるはず」とコメントしている。

府のキャンペーンは12月末までで、ミナミの一部地域への上乗せは10月末まで。利用できるサイトは一休.COMレストランを皮切りに食べログ、ぐるなび、OZmall、Yahoo口コなど現在7サイトで準備中だ。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本