山下達郎配信ライブ、それは音楽界の未来を見据えた革命だった

2020.8.2 20:15

『氣志團万博』での山下達郎(写真/菊地英二)

(写真4枚)

7月30日、山下達郎が45年のキャリア初となる配信ライブ『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』をおこなった。

山下達郎といえば、2012年に劇場で限定公開され、記録的な大ヒットとなった映像作品『山下達郎シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012』を除き、生のライブ以外で動く姿を見ることが出来ないアーティストでもある。

これまでDVDなどの映像作品が発売されたことはなく、YouTubeなどにも、「動く山下達郎」が映る動画はほぼない。さらに、生のライブもチケットはつねに争奪戦。ファンクラブ会員でも獲得が厳しいうえ、現在ファンクラブの募集は休止中だ。

もはや動いている姿を見ること自体貴重な山下達郎が、音楽配信サイト「MUSIC/SLASH」のこけら落としとしてライブ映像を配信する──これはもう、今や世界中に広がるファンのみならず、すべての音楽ファンにとってもこの夏最大の驚きかつ喜びだ。

今回配信されたのは、いわゆるリアルタイムでおこなわれるライブではなく、2018年3月17日にキャパ50人ほどの京都のライブハウス「拾得(じっとく)」でおこなわれたアコースティック・ライブと、台風のなかでおこなわれた2017年開催の『氣志團万博』での約40分のパフォーマンス、そして1986年のライブという秘蔵映像の数々。

アーカイブや見逃し配信はなく、チケットを買い、リアルタイムで視聴できた人だけが一度だけの体験を共有できるという、まさにリアルライブと同じシステム。

また配信前には、ザ・ファイヴ・キーズ、ザ・ドリフターズ、ザ・フラミンゴス、ザ・キャデラックス、そして山下達郎自身の名曲『I LOVE YOU…PartI』といったドゥワップの名曲が次々と流れ、時折、ストリーミング中の注意を促すうぐいす嬢のナレーションが入り、「拾得」のライブ映像では開演を知らせるブザー音も鳴った。配信前の期待と緊張が渦巻くあの感覚は、まさしくライブ会場で開演を待つ時の感覚だった。

そんな今回の配信ライブの真髄は、配信がスタートした瞬間、全視聴者が知ることになる。

『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』

日時:2020年7⽉30⽇(⽊)・20:00〜21:10
料金:4500円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本