聖地・高野山へ向かう天空が再開、同時に極楽橋駅も刷新

2020.7.25 07:15
  • 俗世(黒)と聖域(赤)を基調とした天井装飾が対照的なそれぞれのコンコース
  • 「いのちのはじまり」を表現した電車側コンコースの天井。極楽鳥や高野山ゆかりの動植物が描かれる
  • 「いのちのはじまり」を表現した電車側コンコースの天井。極楽鳥や高野山ゆかりの動植物が描かれる
  • ケーブルカー側コンコースの天井には「宝来」と呼ばれる切り絵がモチーフに。さまざまな縁起物がかたどられる
  • ケーブルカー側コンコースの天井には「宝来」と呼ばれる切り絵がモチーフに。さまざまな縁起物がかたどられる
  • 聖域である高野山へ足を踏み入れる前に身心を浄める「はじまりの手水舎」。水底にはきらびやかに輝く極楽鳥のガラスアートが
  • 新たなはじまりへの想いをつづる「極楽鳥の願掛羽」では、4つの祈りや願いに色分けされた極楽鳥の羽に想いをつづる。1枚100円
  • 新たなはじまりへの想いをつづる「極楽鳥の願掛羽」では、4つの祈りや願いに色分けされた極楽鳥の羽に想いをつづる。1枚100円
  • 構内のグッズ売場では、御朱印帳1600円や箸置き400円、手ぬぐい500円など限定グッズを販売
  • 俗世(黒)と聖域(赤)を基調とした天井装飾が対照的なそれぞれのコンコース
  • 「いのちのはじまり」を表現した電車側コンコースの天井。極楽鳥や高野山ゆかりの動植物が描かれる
  • 「いのちのはじまり」を表現した電車側コンコースの天井。極楽鳥や高野山ゆかりの動植物が描かれる
  • ケーブルカー側コンコースの天井には「宝来」と呼ばれる切り絵がモチーフに。さまざまな縁起物がかたどられる
  • ケーブルカー側コンコースの天井には「宝来」と呼ばれる切り絵がモチーフに。さまざまな縁起物がかたどられる
  • 聖域である高野山へ足を踏み入れる前に身心を浄める「はじまりの手水舎」。水底にはきらびやかに輝く極楽鳥のガラスアートが
  • 新たなはじまりへの想いをつづる「極楽鳥の願掛羽」では、4つの祈りや願いに色分けされた極楽鳥の羽に想いをつづる。1枚100円
  • 新たなはじまりへの想いをつづる「極楽鳥の願掛羽」では、4つの祈りや願いに色分けされた極楽鳥の羽に想いをつづる。1枚100円
  • 構内のグッズ売場では、御朱印帳1600円や箸置き400円、手ぬぐい500円など限定グッズを販売
(写真9枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本