ヤマヒロアナ、息子の初ロケに「アドバイスしない」理由とは?

2020.7.20 12:25

息子の初ロケ映像を見る山本浩之 ©ktv

(写真5枚)

東野幸治とメッセンジャー黒田、ヤマヒロこと山本浩之がMCをつとめ、必食グルメや気になるスポットなど、関西の情報を発信する『ちゃちゃ入れマンデー』(カンテレ・関西ローカル)。

7月21日の放送回では、ヤマヒロの三男で今年入社したばかりのカンテレ新人アナウンサー・山本大貴(だいき)がVTR出演し、「奈良のご当地チェーン店」のリポートを担当する。

初ロケに緊張する山本大貴アナ ©ktv

初ロケで、失敗は許されない崖っぷちに追い込まれ、「プレッシャーがすごい…」とドキドキの大貴。元カンテレアナウンサーである父・ヤマヒロから「思いっきりやれよ」と声をかけてもらったが、具体的なアドバイスは一切なかったという。

スタジオでは、息子には聞こえないにも関わらず、「よし、がんばれ!」と、モニターに向かって熱い声援を送っていたヤマヒロ。「自分の新人時代と重ね合わせ、ハラハラドキドキしながらVTRを見ていました。最初の仕事というのは緊張するものだし、別の見方もされるから正直やりにくさもあるでしょう。最初からそつなくできても面白くないですしね」と息子をねぎらった。

自身の新人時代については「何回も緊張したし、失敗して怒られました」と告白。ちなみに、山本の初ロケも同じく奈良で、ボケ封じ地蔵にお参りに来る高齢者へのインタビューだったという。「初ロケはただもう夢中で、何もできませんでした。とにかく与えられた仕事をやり遂げなければ、という気持ちでいっぱいでした」と当時を振り返った。

山本がアナウンサーの先輩として、あえて大貴にアドバイスをしなかった理由に関して、「自分のスタイルを求めている時というのは、人のモノマネであっても試しながらやるもの。新人の今はいろんな人を見ながら、自分のスタイルが絞れてくるものだと思います。自分が新人だった時も『バラエティーならこれかな?』などと、手探りで研究をしていましたね。だから息子にもあまりアドバイスはしないんですよ。絶対にその通りうまくいくことはないので。ただ『思いっきりやれよ』という感じですね」と語り、息子への熱いエールを送った。この模様は、7月21日・夜7時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本