女優・のん、岩井俊二監督の最新作に出演「勇気づけられた」

2020.7.8 21:15

劇場版『8日で死んだ怪獣の12日の物語』で通販で宇宙人を買ったという丸戸のんを演じるのん ⓒ日本映画専門チャンネル/ロックウェルアイズ

(写真3枚)

「コロナ禍でも最新のエンタテインメントを」とYouTube配信された岩井俊二監督の『8日で死んだ怪獣の12日の物語』。7月31日より全国のミニシアターで上映される同作の劇場版に、女優・のんが出演する。

主人公・サトウタクミ(斎藤工)が小さな怪獣の卵を通販で購入し、毎日育てていくと思いがけない怪獣に成長していくという物語。映画化にあたり「この役を演じられるのはのんしかいない」という岩井監督からのラブコールに応えて、のんは通販で宇宙人を買ったという丸戸のん役を演じる。

出演に際してのんは、「岩井俊二監督のリモート撮影作品に参加させていただき心からうれしく思います。そして斎藤工さんとも初めての共演をさせていただきました。先輩俳優と後輩のやりとり、とても楽しかったです」とコメント。

また、「どんな状況でも映画作りをする岩井監督の作品に参加できて感動しています。コロナ禍で気持ちがしぼみがちななか、私も大人しくしてるだけじゃダメだ、と勇気づけられました」と、監督に敬意を表した。

本作は、売上の一部をミニシアター支援に充てる特別興業を予定しており、「ミニシアターが無くなっては困るということで、斎藤工さんも参加されているミニシアターエイドに私も参加させていただきました」と報告。

「今回は、作品で応援できるということで、役者として一番うれしい形だなと思います。みんなの大切な、映画の記憶が刻まれる場所が残っていって欲しいと願います」と話した。

上映が決定しているのは、7月8日時点で全国14館(東北6、関東4、中部3、中・四国1)。配信版は公式アカウント「岩井俊二映画祭チャンネル」で全話配信中。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本