北欧風サウナも、グランピング施設が兵庫の温泉跡地に

2020.7.20 19:15

食材や準備は不要でBBQを楽しめる

(写真7枚)

2019年に廃業した兵庫・豊岡の温泉「乙女の湯」の跡地が、グランピング施設「温楽ノ森(おんがくのもり)」として復活。7月3日にオープンし、週末の予約も埋まりはじめているという。

宿泊施設プロデュースの「キリンジ」(本社:大阪市天王寺区)が手がけ、手ぶらで身軽にキャンプ体験ができる同施設。約8600平方メートルの施設内ではテントに泊まって温泉も楽しめる。屋内の浴室以外に、露天風呂やグランピング施設では珍しい「テントサウナ」があるのが特徴だ。

フィンランドなどの北欧では一般的で、熱すぎず高い湿度で汗を流せる「テントサウナ」。自身でストーブに薪をくべることで好みの温度に調節できるという(サウナは要予約・30分間貸切1グループにつき500円)。

自身で薪をくべて温度を調整するテントサウナ
自身で薪をくべて温度を調整するテントサウナ

また、BBQの際も食材や火起こし、片付けは必要なし。食事プランも充実しており、肉や野菜がセットになった標準プラン(1名3900円)をはじめ、地元の名産「但馬牛」「八鹿豚」を味わえる贅沢なプラン(1名5900円)も。

食後にゆったりと休めるテント内は、女性デザイナーによるやさしい色合いでまとめたナチュラルな空間に。広々としたダブルベッドや、テーブルやイスは木のぬくもりを感じられ、リラックスして楽しめる。

施設担当者は、「週末もご予約をいただいており、連休はすでに満室になっている日もあります」とのこと。料金は「チルアウトテント」で平日1棟1泊20400円〜、土日40800円〜(定員5名/食事代・入浴料別)。宿泊料は部屋、日にちにより異なる。

「温楽ノ森」

住所:兵庫県豊岡市出石町福住882
電話:0796-34-8887

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本