大阪・阿倍野でムーミン展、原画やフィギュアなど約500点

2020.6.27 17:15

トーベ・ヤンソン 《イースターカード原画》 1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社蔵

(写真5枚)

「あべのハルカス美術館」(大阪市阿倍野区)で、7月4日から『ムーミン展 THE ART AND THE STORY』が開催される。

フィンランドの芸術家であるトーベ・ヤンソンが生み出し、愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。本展は、小説・絵本の代表的なシーンの原画など約500点を通して、多彩なアートと奥深い物語の魅力を紹介する。

見どころは、フィンランドにあり、約2000点もの作品を所蔵する世界でひとつの「ムーミン美術館」からやってくる、よりすぐりの作品。原画やスケッチほか、トーベがムーミン小説を手がける前に描いていた、政治風刺雑誌『GARM』の挿絵も登場するという。

トーベ・ヤンソン 《「ムーミン谷の彗星」挿絵》 1946年、1968年(改作) インク・紙 ムーミン美術館蔵

トーベが最後まで手元に残しておいた作品を含む貴重なコレクションも並び、「まぼろしのムーミン人形」とも言われるフィギュアやイースターカード、アドベントカレンダーの原画、銀行の広告など、小説・絵本では見たことがないムーミンたちの多彩な表情にも出会うことができる。

また、2019年に100周年を迎えたフィンランドと日本の外交関係樹立を記念し、トーベが愛した日本にちなんだコーナーでは、ムーミンと浮世絵を並べるユニークな展示も。

トーベ・ヤンソン 《スウェーデンの日刊紙「スヴェンスカ・ダーグブラーデット」広告》 1957年 印刷 ムーミンキャラクターズ社蔵

大阪会場限定のグッズ付前売券(売り切れ次第終了)もあり、「ムーミンの日」にちなみ8月8日から3日間はミュージアムショップでの3000円以上の購入者・各日先着100名にトートバッグがプレゼントされる。ムーミン展の開催期間は8月30日まで。料金は一般1500円、大高生1100円、中小生500円。

文/塩屋薫

『ムーミン展 THE ART AND THE STORY』

期間:2020年7月4日(土)~8月30日(日)※7月6日(月)・13日(月)・20日(月)は休館
時間:10:00~20:00、月・土・日・祝は~18:00(入館は閉館の30分前まで)
会場:「あべのハルカス美術館」(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F)
料金:一般1500円、大高生1100円、中小生500円
電話:06-4399-9050

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本