難波に台湾カステラ専門店、「ふわしゅわ」食感が魅力

2020.6.10 18:15

ふわしゅわ食感の台湾カステラ

(写真3枚)

商業施設「なんばCITY」(大阪市中央区)に、関西初の台湾カステラ専門店「澎澎(ポンポン)」が6月12日にオープンする。

現地で「シエンカオダンガオ=焼きたてのケーキ」と呼ばれる台湾カステラは、メレンゲをたっぷり使用し、空気を含ませたシフォンケーキのような「ふわふわ」「しゅわしゅわ」の食感が特徴。

大判カステラを90分かけてじっくり焼き上げ、濃厚な卵感が味わえるプレーンの「ポンポン」(650円・税別)と、生クリームをサンドした「生クリーム ポンポン」(800円・税別)の2種が登場する。

また、同店では簡単アレンジによる4種の食感を提案。焼きたてそのままの「ふわふわ」、レンジで10~20秒温めしっとり感を出す「ふわしゅわ」、トースターで焼く「さくふわ」、冷蔵庫でキリッと冷やす「しっとり」と、自分好みの朝食やおやつとして楽しめそうだ。

同店はさまざまな人気店を手がけてきた「オペレーションファクトリー」(大阪市西区)の新ブランド。食のセレクトショップ「サイン オブ ザ フード」内にオープンする。営業は11時~21時。「なんばCITY」の休館日に準ずる。

文/塩屋薫

台湾カステラ専門店「澎澎(ポンポン)」

2020年6月12日(金)オープン
場所:大阪市中央区難波5-1-60 「なんばCITY本館」1F
営業:11:00~21:00※「なんばCITY」の休館日に準ずる
電話:06-6631-7888

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本