和歌山・新宮市の取り組みに、学生から感謝の声

2020.6.10 06:45

新宮市から学生に送られた支援物資。お米など食料のほか、新宮市の観光パンフレットや絵はがきも好評だったという

(写真1枚)

和歌山県新宮市が、同市出身の学生等を対象に「帰省自粛学生応援事業」を4月30日から5月31日まで実施。地元への帰省を控えた学生363名を支援した。

新宮市役所農林水産課の小林徹央さんは「新宮市は地域柄、高校を卒業したら市外に出る人が多い。長期休暇の帰省を学生も地元の人も楽しみにしているからこそ、自粛をお願いする事態になってしまい気の毒に感じていた。まずは食料が第一と考えお米を、また、自身が親からの仕送りでうれしかったものを考えて、レトルト食品も送ることに決めました」と語る。

今春に北海道の大学に入学した学生は、「慣れない土地で一人暮らしを始めたなか、常備食を送ってもらえるのはありがたかった」。和歌山市内の大学に通う学生は、友人のSNSで取り組みを知り、「緊急事態宣言発令中にアルバイト先が休業になり、働けないのは学生にとって大変なのでありがたかった。うれしかったのは市長さんからのメッセージ」と地元ならではの支援に感謝した。

資金は市の補正予算でまかない、地場産米5kg、ふりかけ、レトルト食品など。さらに複数の地元企業から寄付の申し出があり、マスクや名産のふかひれスープ、チョコレートと、幅広い物品がそろった。

小林さんは、「感謝の手紙が届くなど反響を感じている。また同様の取り組みを企画したい」と、今後も状況に応じて支援を考案していくとのこと。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本