エールで見る「売れる音楽を作る才能」木枯と裕一の違い

2020.6.2 19:15

第33回より、夜のカフェーにやってきた木枯(野田洋次郎)と裕一(窪田正孝)(C)NHK

(写真24枚)

数々の映画メディアで活躍し、本サイトLmaga.jpの映画ブレーンでもある評論家・ミルクマン斉藤。映画の枠に収まらず多方面に広く精通する彼は、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)も注意深くチェックするという。この春スタートした『エール』について、第7週(5月11日〜15日放送)を観て思うところを訊いた。

第7週「夢の新婚生活」

この週で脚本家が「清水友佳子」となり、林宏司は「原案」としてクレジット半ばに表記された。つまりここからは、ほぼ林氏の手を離れたオリジナルということだろう。

清水氏の名は正直記憶になかったのだが、調べると僕が観た作品においては、映画『最終兵器彼女』や『手紙』(ともに2006年)、ドラマ『リミット』(2013年・テレビ東京系)『リバース』(2017年・TBS系)などを手掛けられていたようだ。

まだ脚本家独自のカラーというものはさほど見つけられないように感じるが、『エール』についてはまあまあ上手くバトンを継いでいる。

新婚生活を始めた裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)(C)NHK
第31回より、新婚生活を始めた裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)(C)NHK

ともかく、主人公夫婦・裕一と音の新婚生活はいきなり始まる。愛知の八丁味噌と福島の納豆との相容れぬ対立だの、木枯に連れられて行ったカフェーの残り香やワイシャツに付いた口紅だのの「夫婦あるあるいさかい」をギャグにしながら、このちょっと変な・・・というか、当時にしては、どころか今でも相当に特殊な新婚生活が綴られていくが、史実なんだから仕方ない。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本