「仮設の映画館」、ミニシアターの新作配信に応援の声

2020.5.4 07:00

仮設の映画館には、今後公開予定の作品も掲載されている(C)Temporary Cinema

(写真7枚)

ミニシアターで上映される新作映画をオンラインで配信する「仮設の映画館」が4月25日より開館。5月からは次々と上映作品が増え、多くの映画ファンの間で注目を集めている。

新型コロナウイルスの影響により、公開作の上映中断や延期を余儀なくされ、現在は臨時休業中の映画館。また、映画業界そのものも撮影や制作も中止になるなど映大きなダメージを受けている。そんななか、このプロジェクトは「映画の経済を回復させるための試みの一つ」として立ち上げられた。

「仮設の映画館」の運営の中心となっているのが、想田和弘監督と配給会社「東風」。5月2日より想田監督の新作ドキュメンタリー『精神0』が全国で順次公開される予定だったが、各映画館の現状、そして劇場上映がかなったとしても「足を運んでください」と言えない情勢から、このアイデアが浮上したという。

鑑賞者は、「仮設の映画館」で配信される映画を、どの映画館で観るかを選択し、鑑賞料金を支払うという仕組み。約50の劇場が参加し、それぞれ『上映(配信)』する作品が異なり、劇場の個性が出ているのも一興。さらに、その収益は実際の興行と同様に、劇場、配給、製作者らへ分配されていく。

SNSでは、「今まで住んだ街の思い出深い映画館で順番にいろいろ観たい」「今だから、できること。いろいろ考えて発信できる世の中は素敵」など、プロジェクトを後押しする声も。俳優の井浦新も映画『春を告げる町』を鑑賞し、「また新作がいくつか公開されてるから、行きたい映画館へ行った気分を味わいながら映画を楽しもう」とコメント。

上映前にはブザーも流れて鑑賞気分は盛り上がるが、「仮設の映画館」はあくまで仮設。上映前に流れるオリジナルのマナーCMでも、「状況が改善したら本物の映画館に足をお運びください」と呼びかけている。

上映作品は5月3日の時点で11作品がそろい、5月8日公開の『島にて』、6月6日公開の『タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング』など、劇場公開にあわせて「仮設の映画館」で封切りを迎える。作品ごとに配信期間、鑑賞期限や方法が異なっており、詳細については公式サイトにて。

文/田辺ユウキ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本