中止となった二条城のアート花見、VRコンテンツで登場

2020.4.20 21:00

花の体感型アート展『FLOWERS BY NAKED 2020−桜− 世界遺産・二条城』のイメージ

(写真2枚)

3月20日、京都「元離宮二条城」(京都市中京区)で開催されるも、同月28日に中止となった花の体感型アート展『FLOWERS BY NAKED 2020−桜− 世界遺産・二条城』。そのデジタル花見が4月20日、自宅で楽しめるVRとなって登場した。

プロジェクションマッピングや夜桜のライトアップなどが楽しめる同イベントは、クリエイティブ集団「ネイキッド」が演出を担当。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、桜が満開になる前に同展が中止となったことから、ヴァーチャル花見としてスマホで楽しめるVRコンテンツとして改めて企画された。

デジタル花見がおうちで楽しめるVRゴーグル

「リコー」の360度カメラで撮影した同アート展を、「大村印刷」が製造するスマホ向け紙製VRゴーグル「Auggle S2」で楽しむという、このVRコンテンツ。最先端の技術で演出された新しいお花見体験を、自宅に居ながら味わえるという。同商品は580円(送料別途要、一律350円)、無くなり次第終了となる。申し込みはネイキッドサイトにて。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本