元中日の名手・井端弘和氏が伝授、ダブルプレーの極意

2020.4.13 19:00

左から、井端弘和氏、川崎宗則氏、里崎智也氏

(写真3枚)

4月15日放送の『戦え!スポーツ内閣』(MBSテレビ)では、プロ野球ファンのための新企画の第一弾を放送。元中日の井端弘和氏をはじめ、元ソフトバンクの川崎宗則氏、元ロッテで解説者の里崎智也氏を招き、「ダブルプレー」の極意について語る。

現役時代、セカンド・荒木雅博とともに「アライバコンビ」として、6シーズン連続でゴールデングラブ賞を受賞。外野に抜けようとする打球を荒木が捕球し、井端にトスしてファーストに送球する芸術的なプレーでファンを魅了したほか、2008年のクライマックスシリーズ(巨人戦)で見せた井端の6−6−3のゲッツーは、解説の掛布、江川両氏も驚愕。NPB史上、屈指のプレーとして語り草となっている。

同番組では、「二遊間のダブルプレー」だけでなく、捕手の配球と強肩で魅せる「三振ゲッツー」、犠牲フライを阻止する「レーザービーム」なども紹介。また、井端氏と川崎氏が、現役時代に生んだダブルプレーのなかからもっとも美しいプレーを自ら解説するコーナーも。

さらに、同番組だけのスペシャル二遊間「イバムネコンビ」を結成。ショートの井端氏が「(6−4−3の場合は)セカンドの位置や動きたい方向を予測し、(セカンドに)投げる位置を変える」と語るなど、MCの武井壮、小杉竜一らを大興奮させた。同番組は4月15日・夜11時56分から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本