宝塚歌劇、公演中止を6月末まで延長に

2020.4.9 17:30

宝塚大劇場

(写真1枚)

4月12日まですべての公演を中止している宝塚歌劇が9日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて、全公演の中止期間を6月末まで延長すると発表した。

公式サイトにて、「地方自治体の対応や政府の緊急事態宣言の発令などに鑑み、各公演の中止期間を6月末まで延長させていただくことといたしました。ご観劇を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます」と伝えた宝塚歌劇。

今回の中止期間延長により、花組新トップコンビ(柚香光と華優希)、星組新トップコンビ(礼真琴と舞空瞳)のお披露目公演のほか、第106期生のお披露目公演(宝塚大劇場)などが中止となった。

また、7月以降の公演については、「今後の状況を慎重に見極めながら、宝塚大劇場および東京宝塚劇場の公演スケジュールの見直しも含め、改めて検討のうえ、追って当ホームページにてご案内いたします」と、大幅な公演スケジュールの見直しを示唆した。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本