世界最大規模のアスレチック、万博記念公園にオープン

2020.3.14 08:00

世界最大規模となるアスレチック施設「万博 BEAST」

(写真8枚)

「万博記念公園」(大阪府吹田市)に3月15日、世界最大規模となるアスレチック施設「万博 BEAST」がオープンする。

ドイツのアトラクション開発会社「クリスタルトゥルム社」が独自の技術で手がけ、4階層のアスレチックエリアと屋上展望台で構成される同施設。

最大の特徴は、クライミング、サーフボードや樽、自転車を使っての綱渡りなど、120種類ものアトラクションがひとつの施設に内包され、何度も多様な遊び方に挑戦できるところ。また、プレイヤー自らがレベルに合わせ、アスレチックを選んで移動していけるため、混み合うことなくプレイできるという。

同系列の施設では、2019年3月に「滋賀農業公園 ブルーメの丘」にオープンしたアスレチック施設「アルプスジム」などに続く国内第3弾。「アルプスジム」では大学生らを中心に入場者数が約2倍になる人気ぶりで、体験者からは「上層階の高さの迫力がすごい。足がすくむ」などの声も。

今回の「万博 BEAST」はそれ以上となる最高部24メートル(ビル7〜8階相当)という世界最大規模の構造となる。360度の眺めが楽しめる屋上展望台のみの利用も可能だ(500円・利用は4歳以上)。

アスレチックエリア料金は大人3500円、子供3000円(各60分・入れ替え制)。小学生以上が利用可能(身長・体重制限あり)。

「万博 BEAST」

2020年3月15日(日)オープン
住所:大阪府吹田市千里万博公園
営業:10:00〜16:30 (受付は9:30〜15:00) ※万博記念公園休園日は休み
料金:アスレチックエリア・大人3500円、子供3000円、「天空回廊」500円 ※万博記念公園自然文化園への入園料は別途
電話:050-5576-8086

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本