英国生まれのウェッジウッド、リッツ大阪とコラボ

2020.2.15 12:00

プレゼント型のケーキや、チェダーチーズとキュウリのサンドイッチなども

(写真1枚)

高級陶磁器で有名なブランド「WEDGWOOD(ウェッジウッド)」と、宿泊施設「ザ・リッツ・カールトン大阪」がコラボした、アフタヌーンティーが3月1日からスタートする。

英国皇室御用達でもある同ブランドは、1759年にジョサイア・ウェッジウッドが創設。今回は、数あるデザインから、50年以上も人気を誇る「ワイルド ストロベリー」が主役に。野いちごと花や葉が描かれた繊細な絵柄で、家庭からホテルまで重宝されているシリーズだ。

スイーツは、ワイルド ストロベリー柄をあしらったライチムースや、いちごのスコーン、同ブランドのテーマカラーを彩ったマカロンなど。また軽食は、イギリスのアフタヌーンティーをイメージしたスモークサーモンのタルト、イングリッシュマフィンなどが楽しめる。

4月30日まで提供され、5月1日から5月31日までは新しく登場するシリーズをイメージした第2弾が登場するという。料金は5200円(税サ別)。

『Welcome to Wedgwood アフタヌーンティー』

期間:2020年3月1日(日)〜5月31日(日)
時間:11:00〜19:00
会場:ザ・リッツ・カールトン大阪1F ロビーラウンジ(大阪市北区梅田2-5-25)
料金:5200円(税・サービス料別)
電話:06-6343-7020

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本