宮藤官九郎「値段高いと食わず嫌いになる」

2020.2.2 18:00

SNSは、「グループLINEへ強制的に参加させられるのでしょうがなく・・・」と唯一LINEは利用しているという宮藤(1月31日・大阪市内)

(写真2枚)

今春、東京・大阪で上演される舞台『もうがまんできない』で、作・演出をつとめる大人計画の宮藤官九郎。1月31日に大阪市内でおこなわれた記者会見で、若者に舞台を観てもらうための努力を明かした。

今回の作品は、「携帯の位置情報ゲームをしてそこに集まっただけ、の人たちから物語が始まったら面白い」と考えたことが発端という。しかし宮藤自身は、そういうゲームは一切やってなかったそうだ。

「それではマズイと思って、某人気ゲームを始めたんですけど、全然面白くなかった(笑)。でも、一応そうやって若い人がやってることを試してます」と打ち明けた。

そうして若者文化を知ろうとする宮藤。自身は、「若い頃いろんな劇場で、安い値段でお芝居を観て、やっぱりそれで人生が変わりました」という。

近年、劇場に足を運ばなくなった若者の現状を、「(上演時間が)3時間以上あって値段が1万円だと、食わず嫌いすると思う」と分析。

本公演では、「若い人に興味を持ってもらえる内容にした上で、『行ってみるか』と思ってもらえる時間と値段にしています」と、上演時間は約2時間。22歳以下3800円のチケットを用意し、若者に観劇を呼びかけた。

『もうがまんできない』は要潤、柄本佑のほか、阿部サダヲや松尾スズキなど大人計画の俳優陣も出演。大阪公演は5月9日〜21日に「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)で上演する。チケットは一般7500円ほか、2月15日から発売。

取材・文・写真/吉永美和子

舞台『もうがまんできない』

日程:2020年5月9日(土)〜21日(木)
会場:サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田2-4-9ブリーゼタワー7F)
料金:一般7500円、ブリーゼシート6000円、22歳以下3800円
電話:0570-200-888

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本