奈良知事「観光地としてグレード上がる」

2020.1.23 07:00

2020年4月1日開業が決まった「奈良コンベンションセンター」のイメージビジュアル

(写真2枚)

奈良市大宮通りに建設中の、県下最大の会議場「奈良県コンベンションセンター」。1月21日におこなわれた奈良県知事の定例記者会見で、その開業日が4月1日と発表された。

「コンベンション施設があるところと無いところでは、ずいぶん差が出る。奈良はコンベンションを造ることによって観光地としてのグレードが上がる」と荒井正吾知事。

会議場は、すでに現時点で155件の仮予約状況で、4月には関西で初となる『ACI(国際空港評議会)』、10月には『全国自治体病院学会』などの開催が決まっている。

また荒井知事は、「食で観光客を誘致する『ガストロノミーツーリズム』にも力を入れたい」とも。2022年世界大会のコンベンション誘致に向けて動いており、決定すれば日本初となる。

さらに、「観光の振興には『旨いもの』は欠かせない。奈良はどんどんグルメエリアに変化していっている。『奈良にうまいものなし』を逆手にチャンスと受け止め、世界大会誘致に向けて頑張りたい」と展望を語った。

「奈良県コンベンションセンター」開業について話す荒井知事(1月21日・奈良県庁)
「奈良県コンベンションセンター」開業について話す荒井知事(1月21日・奈良県庁)

同施設には2千人規模の大会議場や、観光振興施設機能に加え、「マリオット・インターナショナル」の最高級ホテルブランド「JWマリオット」も併設。

荒井知事は、「以前、胡錦濤国家主席が奈良に来られた際には、対応が難しい状況だった。これからは、国家元首クラスの宿泊や会食はもちろん、一流の国際会議の開催も可能になった」と自信をみせる。

同コンベンションセンターの落慶記念式典は3月29日、県民へのお披露目となる『まちびらきイベント』は4月4日・朝9時半からおこなわれる。

取材・文・写真/いずみゆか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本