松下洸平「八郎から教わることが多い」

2019.12.30 10:00
(写真6枚)

NHK連続テレビ小説『スカーレット』で、主人公・川原喜美子の夫・八郎を演じる松下洸平。自身も美術家の母の影響で幼いころから芸術に触れ、ミュージシャンとしてキャリアをスタートさせたアーティストでもある。ジャンルは異なるがクリエイターとして八郎に共感する部分が多い、とその苦悩にも寄り添う松下に話を訊いた。

取材・文/岩本 写真/本郷淳三

「戸田さんが演じるから魅力的な喜美子に」(松下洸平)

──何度もオーディションに挑戦し、ついに掴んだ『スカーレット』の出演。デビューから10年の間に、「もうやめよう」と考えたことはありましたか?

そもそも自分はこの仕事に向いてないかもしれない、って思う瞬間はいくつもありました。俳優は、人から評価されて初めて、自分の価値というものを知るので・・・。『スカーレット』でも「自分の作品を否定されると、自分自身を否定されていることと同じ気持ちになってしまう」と八郎が語るシーンがあって、その気持ちがすごくよく分かります。頑張っても結果が出ないと、できない自分を責めるんですよね。

「この仕事に向いてないかもって瞬間があった」と打ち明けた松下洸平
「この仕事に向いてないかもって瞬間があった」と打ち明けた松下洸平

──それでも続けることができたのはなぜでしょう?

周りの人に恵まれました。何度もこんな僕にチャンスをくれたんですよ。新しい舞台の話やオーディションの話を持ってきてくださったり、折れそうな気持ちをつなぎとめてくれる方が多くて。先輩たちにもう1回、俳優の世界で会いたかったんです。

──同じクリエイターとして、八郎さんに共感する部分はどういうところですか?

彼が本当に良いことを言うんですよ! 僕自身が八郎から教わることが多いです。喜美子が「絵付けと陶芸はちゃう、やってみてようわかったわ、難しいわ」と言うシーンでは、八郎が「同じや」って言うんです。「その作品を手に取った人がやさしい気持ちになったり、うれしい気持ちになったりする。これは絵付けも陶芸も一緒やで、思いは伝わるで」と。

失敗を繰り返す喜美子(戸田恵梨香)とそれを見守る八郎(松下洸平)
第68回より、失敗を繰り返す喜美子(戸田恵梨香)とそれを見守る八郎(松下洸平)

──喜美子が、珈琲茶碗の制作を手伝うシーンですね。

そのセリフを読んだときに、「なんて名言なんだろう」と。僕もすごくよくわかるんです。絵や音楽を作る人間として、ゼロからものを生み出していくことの難しさと楽しさは、八郎と同様に知っているつもりだし、作ってる人の気持ちが作品に出るんですよね。それは芝居も同じことが言えて、例えば川原喜美子をほかの女優さんがやったら、今の喜美子にはなっていないはず。戸田恵梨香さんが演じるから、あの魅力的な喜美子になって・・・。何でもその人自身が出るんですよね。

NHK連続テレビ小説 第101作『スカーレット』

放送:2019年9月30日(月)〜2020年3月28日(土)<全150回>

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本