HYDEサザン運行「僕も乗って帰りたい」

2019.12.23 14:00

お披露目された特急「HYDE サザン」。先頭には「黑ミサ HYDE WAKAYAMA」と印字されたヘッドマークも(23日・南海難波駅)

(写真3枚)

大阪と和歌山市を結ぶ「南海電鉄」(社長:遠北光彦)の特急「サザン」が、ロックバンド・L’Arc〜en〜Cielのボーカル、HYDEとコラボ。特急「HYDE サザン」が12月23日、「難波駅」でお披露目された。

和歌山県出身で、今年1月から「和歌山市ふるさと観光大使」として同県の魅力を広く発信し続けているHYDE。今回、南海電鉄と和歌山市が働きかけ、HYDEがデザインをプロデュースしてコラボ列車が実現した。

外装は、和歌山市の観光名所である「友ヶ島」をイメージしてレンガ造りのデザインに。今年HYDEの誕生日に同県で開催されたライブ『HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY ーWAKAYAMAー』でのパフォーマンスの様子や「和歌山城」「日前神宮」「ポルトヨーロッパ」なども側面に配されている。

HYDEは祝電で、「僕の高校は難波にあったため、まさにサザンという列車に乗って和歌山市から3年間通っていました。まさかその列車に自分のイメージがラッピングされるなんて、その当時の自分に言ってあげたいですね!」と喜んだ。

また、「せっかくなので、自分のイメージだけではなく、和歌山へ行きたくなるようなデザインをうまくミックスしたいと考え、多くのやり取りをデザイナーとおこないました。そしてとても可愛らしい列車になりました」と言い、「僕自身も早くこのサザンに乗って和歌山へ帰りたいです! みなさんにもこの列車を可愛がってもらえるとうれしいです」と呼びかけた。

お披露目セレモニーで和歌山市の尾花正啓市長(左)は、「このサザンに乗って、HYDEさんの聖地を多くの人に訪れて欲しい」とコメント(23日・南海難波駅)

特急「HYDE サザン」は、12月23日午後6時40分の難波発和歌山市行きから運行を始め、2020年10月頃までを予定している。

特急「HYDE サザン」

期間:2019年12月23日(月)〜2020年10月末頃
区間:南海難波駅〜和歌山市駅・和歌山港駅間

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本