京都初のスイス人気バッグ、新たな試みも
2019.12.21 22:30

スイスのチューリッヒで誕生したバッグブランド「FREITAG(フライターグ)」が12月20日に、京都に初出店。オープン初日は、約350名のファンが集った。

オープン初日はファンで混雑した「FREITAG STORE KYOTO」。photo ITSUMI OKAYASU画像一覧

トラックの使用済みの幌(タープ)を廃棄せず、雨風に強く、やわらかく軽い素材である特徴を活かしてバッグを生み出す、ダニエルとマーカス兄弟が創設した同ブランド。カットする位置によってデザインが異なるため、すべてが1点もの。コレクターがいるほど世界で人気を集め、特に日本は熱心なファンが多い。

大阪に続く関西2店舗目は、チューリッヒの「ディストリビューションセンター(物流拠点)」をイメージした店舗デザインに。コーポレートカラー(企業を象徴する色)や床に白の斜めののストライプなど、現地同様のデザインを施し、広々とした空間となっている。

創設者マーカス・フライターグ。「歴史と新しいものが共存する京都と、1点もののバッグとして生まれ変わったタープのバッグはマッチすると思う」と語る。photo ITSUMI OKAYASU
創設者マーカス・フライターグ。「歴史と新しいものが共存する京都と、1点もののバッグとして生まれ変わったタープのバッグはマッチすると思う」と語る。photo ITSUMI OKAYASU画像一覧

初日に訪れた マーカスさんは、「ここではタープの匂いやブランドの中枢の雰囲気を楽しむことができる。むき出しのコンクリートに侘び寂びを感じるのは京都ならでは。また、ここではタープでアイテムを作ったり、DIYが楽しめる日本初のワークステーションも。新たなクリエイションの場になればうれしい」と語った。

集ったファンたちは、マーカスとの会話や写真撮影を楽しみ、約1100点そろうバッグから自分のお気に入りのデザインを探して、新ショップのオープンを祝った。

「FREITAG STORE KYOTO(フライターグ キョウト ストア)」の場所は柳馬場通り六角下る、阪急烏丸駅・地下鉄四条駅から徒歩約10分。外観の実物大サイズのトラックのイラストが目印となっている。営業は11時~20時。

「FREITAG STORE KYOTO」

2019年12月20日(金)オープン
住所:京都市中京区井筒屋町400ー1
営業:11:00〜20:00
URL:https://www.freitag.ch/ja

  • facebook
  • twitter
  • はてブ