フィンランドのカフェ、世界初進出は京都

2019.12.21 18:00

アアルトがデザインした、大理石のテーブルやイスを配置した店内。窓からは、京都らしく中庭の燈籠が見える

(写真8枚)

フィンランドの名建築家アルヴァ・アアルトが手掛けた「CAFE AALTO(カフェ アアルト)」が12月21日、2号店を京都にオープン。現地のデザインやメニューを再現したカフェとなっている。

1986年にヘルシンキのアカデミア書店の一角にオープンし、映画『かもめ食堂』(2006年)に登場したことでも有名な同店。フィンランドのデザイナー、ハッリ・コスキネンが監修した「MAJA HOTEL KYOTO(マヤ ホテル キョウト)」と縁あって、世界初進出が実現した。

アアルトがカフェのためにデザインした、黒いレザーと真鍮フレームのイス、大理石のテーブル、ペンダントライトなどを、京都店のためにすべてリプロダクト。また一部のイスは、コスキネンがデザインしたものも配置されているなど、本店とは違いがあるが、ほぼ現地と同様のスタイルとなっているそうだ。

フィンランドの定番メニューのシナモンロールはコーヒーとセットで1000円
フィンランドの定番メニューのシナモンロールはコーヒーとセットで1000円

オーナーでもあるマルコ・サラチーノさんは、「期間限定で日本に出店した際に一番人気だった、シナモンロールは現地の味を再現できるように。スイーツは、甘さ控え目なものが日本では好まれるので調整しました。また、宿泊施設に併設されているので朝食のセット(800円〜)は京都限定です」と説明する。

オーナーのサラチーノさんが京都店のために手掛けた「コーヒー」(600円〜)のほか、「シナモンロール」(750円)、具がゴロゴロ入った「サーモンスープ」(1500円)などフィンランドらしいメニューが満喫できる。店内には、ヘルシンキのアアルトの1960年代〜現在までの写真が店内にディスプレーされ、今後は不定期で変更。営業は7時〜22時。場所は、地下鉄烏丸御池駅から徒歩約6分、柳馬場通六角上る。

「CAFE AALTO」

2019年12月21日(土)オープン
住所:京都市中京区柳馬場通六角上る槌屋町92
営業:7:00〜22:00(朝は〜11:30LO、食事は〜9:00LO、ドリンクは9:30LO)・無休
電話:075-205-5476

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本