人口減少著しい神戸西部、駅改修で誘導
2019.12.19 19:00

2018年の人口減少数が全国ワースト2位と、深刻な人口流出に悩む神戸市。その対策のひとつとして、神戸市西部にある「名谷(みょうだに)駅」、「垂水駅」、「西神中央駅」の駅周辺を大規模にリニューアルすると発表した。

3駅のリノベーションについて説明する久元喜造神戸市長(12月18日・神戸市役所)
3駅のリノベーションについて説明する久元喜造神戸市長(12月18日・神戸市役所) 提供:神戸市画像一覧

本事業は、2019年9月に発表された人口減少対策プロジェクトの第2弾。駅ビルや駅前広場をきれいにし、商業施設や文化・子育て施設を充実させ、2024年度までの5年間で1850戸(5000人)の住宅供給を予定する。

12月18日の定例会見で神戸市の久元喜造市長は、「従来ならひとつずつ整備するが、人口減少対策にスピード感をもって取り組むため、トータルプランを作成した。駅や歩道や公園、それぞれの施設を一体的に整備し、心おどるような駅前空間にしたい」と意気込む。

地下鉄「西神中央駅」周辺に新設される文化・芸術ホールのイメージ 提供:神戸市
地下鉄「西神中央駅」周辺に新設される文化・芸術ホールのイメージ 提供:神戸市画像一覧

神戸でも特に人口減少が著しい西部。そののなかで主要駅3駅を改修することで地域の魅力を高め、人口を誘導したい考えだ。駅を中心とした街づくりについて久元市長は、「神戸は戦前から鉄道が発達してきた。人口減少時代には、地域の顔となる駅前を有効活用することが大事」と話す。

また、「具体的なプランはまだ」としながらも、将来的には神戸駅(神戸市中央区)、新長田駅(神戸市長田区)、鈴蘭台駅(神戸市北区)の再整備を考えていることも明らかにした久元市長。「駅前が魅力的で活気ある空間になった結果、民間事業者による住宅販売が増えたり、老朽化した地域の価値が上がったりするかどうかが成否を決める」と、プロジェクトへの決意をのぞかせた。

取材・文/合楽仁美

  • facebook
  • twitter
  • はてブ