米国の人気店と、京の老舗自転車屋が融合

2019.12.13 06:00

町家の北側が辻森自転車商会、南側の一部と2階がブルーボトルコーヒー

(写真9枚)

明治時代から続く自転車専門店「辻森自転車商会」(京都市中京区)の一角に、アメリカの人気コーヒーブランド「ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ」が12月13日にオープンする。

実は先代で廃業になる可能性があった同店を、遠縁ながら3代目として受け継いだ店主の宮本大輔さん。「ヨーロッパを旅行で巡った際に、自転車とコーヒーはセットというイメージを抱くように。そこで、コーヒー専門店と一緒に営業できればと思っておりました」と話す。

辻森自転車商会から望む、ブルーボトルコーヒー。入店客の往来を意識し、両店をガラスで仕切っている
辻森自転車商会から望む、ブルーボトルコーヒー。入店客の往来を意識し、両店をガラスで仕切っている

そんななか、カリフォルニアで誕生してコーヒー豆の調達から焙煎まで手掛ける「ブルーボトルコーヒー」のコーヒーに対する姿勢と、土地ごとの特性を活かした店造りに惹かれたという。「コーヒーを1杯ずつ淹れる専門店と、自転車を1台ずつ丁寧に取り扱うという部分で共鳴しました」と、今夏の期間限定ショップを経て、老朽化でリノベーションする際に出店が実現した。

敷地の約半分を「ブルーボトルコーヒー」へと改装し、内観は梁や漆喰の壁、木枠の窓など以前の町家らしさを活かし、外壁には自転車もディスプレイ。1階では自転車販売と修理、そしてコーヒーのテイクアウトと物販、2階はカフェスペースとテラス席となった。

メニューはハンドドリップの「シングルオリジン」(550円)など約20種に加えて、同店限定の「抹茶 テリーヌ ショコラ」(300円)と京都堀川三条のあんこ屋「都松庵」とのコラボレート「ブルーボトル 羊羹」(300円)が登場。営業時間は9時~18時(カフェは~19時)、場所は地下鉄烏丸御池駅より徒歩約7分。

取材・写真/中河桃子

「ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ」
2019年12月13日(金)オープン
住所:京都市中京区東洞院六角上る三文字町 226-1
営業:9:00~19:00

「辻森自転車商会」
住所:京都市中京区東洞院六角上る三文字町226-1
営業:9:00~18:00・日曜休
電話:075-221-5732

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本