雪降るかやぶき集落で、ライトアップ開催
2019.11.30 19:00

歴史的な民家と美しい原風景を残す「美山かやぶきの里」(京都府南丹市)で、ライトアップイベント『雪灯篭』が開催。2020年1月25日からおこなわれる。

『雪灯籠』過去の開催の様子画像一覧

京都駅からバスでおよそ2時間の場所にある「美山かやぶきの里」(京都府南丹市)。そこには茅葺きの民家が建ち並び、1993年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも選ばれた観光名所としても知られている。

そんな貴重な原風景の残る集落で、雪の多い季節の恒例行事となっているのが、ライトアップイベント『雪灯籠』。今年で16年目を迎える同イベントでは、参加者手作りの雪灯籠や、嵐山でも使われる花灯籠が集落一帯を照らし、伝統的な茅葺き民家も煌々とライトアップ。都会では見られない、幻想的な雪景色が堪能できるという。この雪灯籠は、2020年2月1日まで開催されている。

また、12月2日には地域の名物行事「一斉放水」を開催。文化財としても重要な茅葺き民家に対する防災意識を高めるため、地元消防団がおこなう一斉点検で、火災から茅葺き屋根を守るための力強い放水のさまは、さながら里山が水のカーテンに覆われるような圧巻の風景となっている。

『雪灯篭』

期間:2020年1月25日(土)〜2月1日(土)
会場:美山かやぶきの里(京都府南丹市美山町北)
URL:https://kyotomiyama.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ