武田真治「必要なのは、貯えより健康体」

2019.11.30 06:00

武田真治(写真提供:MBS)

(写真2枚)

エッセイスト・阿川佐和子がMCをつとめるトーク番組『サワコの朝』(MBS)。11月30日の放送では、俳優でミュージシャンの武田真治が登場する。

16歳のときに『JUNONスーパーボーイコンテスト』でグランプリを受賞、デビュー後はドラマ『NIGHT HEAD』をはじめ数々の話題作に出演し、独特の存在感と確かな演技力で一躍人気俳優に。またサックスプレーヤーとしてもオリコン上位にランクインするほどの実力で、多彩な才能を発揮し続けている。

しかし20代のとき、中性的な男子「フェミ男」ブームで脚光を浴びたことから超多忙に。忙しさとストレスで心と体は限界に達し、「自暴自棄になっていた」と、武田は当時を振りかえる。歯を食いしばり頑張り続けた結果、顎関節症を発症。さらに全身にまで及んだ不調期から武田を救い出してくれたのは、あの伝説のロックスター・忌野清志郎さんだったと話す。

番組では、清志郎さんとの貴重なエピソードや、NHK『みんなで筋肉体操』での人気を機に『紅白歌合戦』への出場を果たした際の裏話を披露。「人生100年だったら80代までは今と同じように働きたい。そうなったときに必要なのは、貯えよりも健康な体」と話す武田が、心と体の鍛え方を教える。この模様は11月30日・朝7時30分から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本