YOSHIKI、ジャニーズへ初の曲提供

2019.11.22 21:00

ジャニーズ事務所所属アーティストへ初の楽曲提供をおこなうYOSHIKI

(写真1枚)

2020年にデビューするグループ「SixTONES(ストーンズ)」(所属:ジャニーズ事務所)のデビュー曲を、YOSHIKIが作曲。ジャニーズ事務所のアーティストへの楽曲提供は初となる。

YOSHIKIは「滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外でのJ−POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせていただきました」とコメント。

これまでに海外アーティストのほか、ロックバンド・GLAYや松田聖子といったトップアーティストの楽曲をプロデュースし、コンポーザーとしても活躍してきたYOSHIKI。楽曲について、「滝沢さんとも話し合い、意図的に『YOSHIKIメロディ』を取り入れました」と語る。

「メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです」と期待を示し、SNSでも「来週LAで完成させるつもりです。自信作です」と投稿している。

この発表に、SixTONESのファンはSNS上で「デビュー曲がYOSHIKI御大とは最強じゃないか・・・」「YOSHIKI様ありがとう・・・」「泣いた。SixTONES絶対に世界行こうね」と興奮気味な反応を見せている。SixTONESは来年1月22日にCDデビュー予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本