M−1審査員、上沼恵美子は続投

2019.11.20 17:00

M−1グランプリ2019で審査員を務める(左からオール巨人、上沼恵美子、松本人志)

(写真2枚)

12月22日に開催される令和最初の漫才頂上決戦『M−1グランプリ2019』(ABCテレビ・18時34分〜)。その決勝戦に臨む10組の漫才を冷静かつ中立な視点でジャッジする審査員が、一部発表された。

過去最高の5040組のエントリーがあったという今年の大会。審査員として、上沼恵美子、オール巨人、松本人志が2018年に引き続き続投することとなった。

2018年大会後のSNS暴言騒動があり、一時は審査員引退を示唆していた上沼だが、「上沼さんが辞めるなら僕も辞める」(8日放送の『えみちゃんねる』にて)という松本の熱意に応えた形となった。

今田耕司と上戸彩が2008年大会から8年連続で司会に

オール巨人、上沼は2007年大会から7回目、松本は2001年の第1回以来、13回目の審査員となる。ほかの審査員については決まり次第発表される。司会は8年連続となる今田耕司と上戸彩。

ABCテレビ『M-1グランプリ2019』

放送:2019年12月22日(日)・18:34〜

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本