人気チョコの初カフェ、京都の町家に
2019.10.26 14:00

人気チョコレートブランド「セゾン ド セツコ」による初めてのカフェが、京都・麩屋町三条に10月29日オープン。築100年以上の町家で、京都らしいスタイルを目指す。

「茶筅ショコラ」(ドリンク付き1540円)はコショウ、蜂蜜、ラズベリーのトッピングで味の変化も楽しめる
「茶筅ショコラ」(ドリンク付き1540円)はコショウ、蜂蜜、ラズベリーのトッピングで味の変化も楽しめる画像一覧

チョコレートメーカー「メリーチョコレートカムパニー」(東京都大田区)が、全国の百貨店を中心に展開する同ブランド。日本の四季や色彩、様式美を表現するために、花々のモチーフなどが手描きされるチョコレートが人気だ。

今回のチョコレートショップ&カフェ「セゾン ド セツコ 京都ショコラトリー」では、「テナントで表現しきれない『セゾン ド セツコ』の世界観を存分に体感いただける場にしたかった」と担当者。そのため、日本の美を追究した内容となっている。

ブランドの代表的なショコラの秋限定版「季節のショコラ 秋」の詰め合わせ1296円
ブランドの代表的なショコラの秋限定版「季節のショコラ 秋」の詰め合わせ1296円画像一覧

ブランド監修を担当している和紙デザイナーの堀木エリ子さんがプロデュースし、町家をリノベーション。ショーケースや照明、テーブルに和紙を利用したり、風雅な坪庭を借景にしたりするなど、落ち着きのある空間に。

メニューは、ほのかな酸味を感じるエクアドル産の砕いたチョコレートと、生クリーム入りのミルクを茶筅で点て、オリジナルのチョコドリンクが作れる「茶筅ショコラ」(ドリンク付き1540円)や抹茶バージョンで楽しめる「ショコラフォンデュ」(ドリンク付き1760円)など、和を取り入れたメニューが楽しめる。

ショップでは、京都店限定のボンボンショコラ、縁起のよい伝統の吉祥紋を施した「祥紋ショコラ」などの手土産向けなアイテムも販売する。営業は10時半から19時まで。京都市役所駅から徒歩約1分。

取材・写真/中河桃子

「セゾン ド セツコ 京都ショコラトリー」

2019年10月29日(火)オープン
住所:京都市中京区麩屋町通三条上る下白川町292-1
営業:10:30~19:00(カフェは11:00~)・不定休
電話:075-256-8180
URL:https://www.setsuko.co.jp/setsuko/cafe/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ