重岡大毅「メンバーとずっとバレーの話」

2019.9.30 18:00

「カンテレ大阪本社」(大阪市北区)に登場したジャニーズWEST・重岡大毅(左)と藤井流星(30日)

(写真3枚)

9月14日に開幕した『ワールドカップバレーボール 2019』(カンテレ・フジテレビ系列)のスペシャルサポーターを務めるジャニーズWESTの重岡大毅と藤井流星が30日、大阪市内でおこなわれた会見に出席。女子バレーを応援し続けて感じた魅力などを語った。

29日の最終戦(対オランダ)で勝利し、6勝5敗(5位)で終えた女子バレー。ジャニーズWESTの7人はスペシャルサポーターとして現地で選手に声援を送りながら、副音声で生実況にチャレンジするなど大会を全力で盛り上げてきた。藤井は、「最初はバレーに関しての知識があまりなかったんですけど、解説者の川合(俊一)さんや真鍋(政義)さんたちにいろいろ教えてもらって、詳しく知ってからは本当に楽しい。チームの結束に感動するし、熱くなります」と興奮気味に話した。

大会テーマソングは彼らのニューシングル『Big Shot!』。選手の間でも士気を高める合言葉のようになっているそうで、藤井は「選手のみなさんが試合前に『Big Shot!』とかけ声としてやってくれてて。そうやって僕らの楽曲がちゃんと力になれてたというのがうれしかったですね」と話し、「海外の選手も聴いてくれてて、僕たち『Big Shotボーイズ』って呼ばれてたらしい(笑)」と驚きながらも、世界にまで浸透していることに喜んだ。

「セルビア戦での会場の熱気がすごかった」と振りかえる藤井(右)に、「別の仕事で観戦できなくて・・・生で見たかった!」と本気で悔しがる重岡(30日・大阪市内)

大会を通してメンバー全員がバレーの魅力にどっぷりハマったそうで、重岡は「試合が終わって、みんなでご飯を食べてるときもずっとバレーの話してますもん(笑)。ほんまになんでもっと昔からしっかり見てなかったんやろって、悔しくなるくらいおもしろいです。スペシャルサポーターになれて本当によかったなってメンバーと話してますね」と、感謝した。

10月1日から男子大会が開幕。カンテレ系で午後7時(5日のみ午後7時6分)から、日本戦全11試合を生中継するほか、「フジテレビオンデマンド(FOD)」や民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」でも配信される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本