久元神戸市長、英国皇太子の言葉に感激
2019.9.21 20:00

エネルギー都市の世界的ネットワーク「ワールド・エナジー・シティーズ・パートナーシップ(WECP)」に神戸市が加盟。久元喜造(ひさもときぞう)市長が9月20日、「神戸市役所」(神戸市中央区)でおこなわれた定例会見で、加盟承認時の様子を話した。

WECPに加盟した際、チャールズ皇太子からサプライズメッセージがあったことを喜ぶ久元喜造神戸市長(20日・神戸市役所)
WECPに加盟した際、チャールズ皇太子からサプライズメッセージがあったことを喜ぶ久元喜造神戸市長(20日・神戸市役所)画像一覧

数年前より二酸化炭素の出ない水素エネルギーの活用に取り組んできた神戸市。2019年4月に提出したWECPへの加盟申請を受け、9月7日にイギリス・アバディーン市で開催された総会において審議、満場一致で加盟が承認された。

総会では、サプライズでイギリス王室・チャールズ皇太子からのビデオメッセージも。出席した久元市長は、「『世界では今後、再生可能エネルギーへの転換が重要だ。イギリスで開催された総会に、水素エネルギーに取り組む神戸市が加盟することを歓迎する』という趣旨だった。たいへん驚くとともに光栄だった」と紹介した。

WECP加盟書類にサインする久元市長。タータンチェックの本場イギリスで「神戸タータン」をネクタイでアピールしている(提供:神戸市)
WECP加盟書類にサインする久元市長。タータンチェックの本場イギリスで「神戸タータン」をネクタイでアピールしている(提供:神戸市)画像一覧

今回の訪英で、「ヨーロッパでは石油エネルギーから洋上風力発電への転換が急ピッチで進んでいることを感じた」という久元市長。今後は、「エネルギーに関する世界コミュニティに直接つながれるので、メンバー都市間での知識・ノウハウの共有や、地元企業へのビジネスマッチングを進めていきたい」と意気込みを見せた。

取材・文・写真/合楽仁美

「神戸市」

URL:http://www.city.kobe.lg.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ