関西演劇、西田シャトナー&行定勲の期待

2019.9.16 06:30
(写真6枚)

「関西にだっていろんな人がいる」(西田シャトナー)

──『関西の良さ』って、どこにあると思われますか?

行定 「関西の人たちの、日常的な言葉のやり取りは魅力的ですよね。関西弁って一見、自分の気持ちをぶつけ合っているようにも聞こえるけれど、その裏にあるウダウダとしたもの、割り切れない感情がいい情緒を醸し出したりするじゃないですか」

──外から見ると感じる、不思議な関西の魅力ってありますね。

行定 「僕、若いときにABCテレビで『熱闘甲子園』のディレクターをしていたんですけど、そのときのプロデューサーの関西弁がいちいち名言に聞こえたんですよね(笑)。『お前がそうしたいんやったら、やればええやん』みたいな、なんてことない言葉に背中を押してくれるパワーがあって。関西の良さって人情で語られることが多いですけど、それともまた違うんだよなぁ」

参加する10団体に期待すると話す西田シャトナー(左)と行定勲
参加する10団体に期待すると話す西田シャトナー(左)と行定勲

シャトナー 「今は、あるイメージが全国区で定着していますが、その分厚さのせいで見てもらえない本当の関西もある気がします。関西人にも一切ボケない、突っ込まない人もいますし(笑)」

──あ〜、いると思います(笑)。

シャトナー 「そういうことを求められることが『ホンマきつい』と思う人もいるでしょうしね。僕も関西出身ですし、関西を拠点に劇団活動しましたけど、いわゆる『関西らしさ』を要求されても、正直、厳しいなぁと思うこともありました」

行定 「あぁ、そのツラさは分かる気がする。今回の演劇祭では、そうした世間のイメージとは違う関西の姿も見たいですね。それって東京にいると目にできないものですから・・・、なんでだろう?」

シャトナー 「それは目立たなくて、注目されないからですよ!!(一同笑) 関西にだっていろんな人がいるってところも、見せてほしいですね」

『関西演劇祭』で審査員をつとめる西田シャトナー(左)と行定勲
『関西演劇祭』で審査員をつとめる西田シャトナー(左)と行定勲

──では最後に、「世へ出るぞ!」と燃えている若い作り手に、それぞれからメッセージをいただけますか?

シャトナー 「劇団を続けていると、動員が目的になったり、メンバーの意見がくい違ったり、ケンカもあると思うんですよね。でも『作品はイマイチだけど仲は良いよね』より、『めちゃくちゃもめたけど作品は最高だったな』の方がいいじゃないですか。

──仲の良さって、観客には関係ないですもんね(笑)。

シャトナー 「作品を絆だと思って、そこに価値が見い出せる限り続ければいいし、なくなったら解散すればいい。あと、『頑張れば報われる』と思っているかもしれないけど、『意外と苦しみは長い』とお伝えしておきたい。思っているより、3〜4倍は長いと思います!

行定 「若い頃はやっぱり、『観客には分かんないよ、僕がやりたいことなんだから』という身勝手さがあった方がいいと思う。身勝手な奴ほど魅力的な人ってないですから。そういう人は大概イヤな奴だったりするけど(笑)、それが信念だと感じられればいいじゃないですか。僕も長年映画監督をやってきて、またその時期に戻って来た気がします」

──シャトナーさんが冒頭におっしゃっていた『パーソナル』のお話とも通じますね。

シャトナー 「回り回って結局そこに来るんですよね。絶対の真実なんですよ。観客だって自分にしか分からない世界を持っていて、それが大切にされている何かが見たいんです。舞台から、『この人は自分にしか分からないものをやっている』という気配が伝わるだけでも、世のなかに対してのすごいエールになりますから」

行定 「そうそう、だから観客は置いてけぼりでもいい。そしてその『パーソナル』が、バシッと伝わったときほど観客に刺さるものはないんじゃないかと思います」
───────────────────────────────────
『関西演劇祭』は9月21日から29日まで、「SSホール」(大阪市中央区)にて。

『関西演劇祭2019 お前ら、芝居たろか!』

日程:2019年9月21日(土)〜29日(日)
会場:クールジャパンパーク大阪 SSホール(大阪市中央区大阪城3-6)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本