50種のチョコ、リッツ大阪でブッフェ

2019.9.1 16:00

好みのトッピングで楽しめる「ホットワッフル」や、シェフが目の前でアートを仕上げる「チョコレートアート」なども登場

(写真1枚)

チョコレートのメニュー約50種類が楽しめる『ベルギーチョコレートブッフェ』が、「ザ・リッツ・カールトン大阪」(大阪市北区)で10月1日からスタートする。

過去には『美女と野獣』『チョコレート・ファクトリー』など、ビジュアルでも趣向を凝らしてきた同ホテルの秋恒例スイーツ・ブッフェ。今年は、チョコレート大国とも称されるベルギーがテーマだ。

スイーツにはベルギー製のチョコレートを使用し、アイスクリームとチョコレートソースで楽しむ現地の定番スイーツ「ダム・ブランシュ」やワッフルのほか、ビールを使ったゼリーやケーキなど、ベルギーらしさを活かしたスイーツが登場する。

ほかにもゴボウやホワイトコーンなどと組み合わせたスイーツや、リゾットやポテトフライもすべてチョコ・フレーバーでそろい、チョコ・マニア向けな内容に。期間は12月26日まで、料金は4700円(税・サービス料別)。

『ベルギーチョコレートブッフェ』

期間:2019年10月1日(火)〜12月26日(木)
時間:14:30~16:00、16:30~18:00(90分2部制)
会場:スプレンディード(大阪市北区梅田2-5-25 ザ・リッツ・カールトン大阪1F)
料金:大人4700円、6~12歳2350円(税サ別)
電話:06-6343-7020

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本