中村勘九郎「関西の方はツッコミ待ち?」
2019.8.22 13:00

NHK大河ドラマ『いだてん』に出演する歌舞伎俳優・中村勘九郎が、弟の中村七之助と主催する歌舞伎舞踊公演『錦秋特別公演2019』を今秋、全国14カ所で開催。勘九郎が21日、大阪市内で会見をおこなった。

関西では「質問しないでずっとお話して終わることが、しばしばあります」と喜ぶ勘九郎(21日・大阪市内)
関西では「質問しないでずっとお話して終わることが、しばしばあります」と喜ぶ勘九郎(21日・大阪市内)画像一覧

主に歌舞伎を観たことがない人に向けて、2005年から毎年開催しているこの巡業公演。今回、勘九郎は七之助とともに、天の羽衣伝説を元にした『松廼羽衣(まつのはごろも)』を披露する。

「踊るのが難しく、なかなか上演されない作品。(観るのが)初めての人には派手なもの、わかりやすいものを求められることが多いんですけれども、あえてしっとりした踊りをお見せしようと。目だけではなく匂いでも、その情景を感じられるようなものを、お送りしたいと思います」と意気込みを見せた。

舞踊の前には「身構えている方をリラックスさせる」という目的で、勘九郎と七之助が歌舞伎の見方から、プライベートな話題まで語る「芸談」の時間も。特に関西では、毎回この質問コーナーが盛り上がるそう。

「ほかの地域より積極的。しかも(お客は)質問しないで、ずっとお話して『で、質問は?』となるので、これはツッコミ待ちか、やっぱり(関西の方は)血が騒ぐのかなあと(笑)。でも積極的に手を挙げてくださるのは、楽しいですね」と、関西ならではのノリを語った。

ほかに中村屋の門弟たちによる『艶紅曙接拙(いろもみじつぎきのふつつか)』と、期待の若手・中村鶴松が踊る『三ツ面子守(みつめんこもり)』も上演。関西公演は、10月18日に「フェニーチェ堺」(堺市堺区)、19日に「ロームシアター京都」(京都市左京区)、20日に「神戸国際会館」(神戸市中央区)にて。チケットは各会場共通で、S席9000円、A席8000円、B席7000円で発売中。

取材・文・写真/吉永美和子

中村勘九郎 中村七之助『錦秋特別公演2019』

日時:2019年10月18日(金)・11:30〜/15:30〜
会場:フェニーチェ堺 大ホール(堺市堺区翁橋町2-1-1)
日時:2019年10月19日(土)・11:30〜/15:30〜
会場:ロームシアター京都 メインホール(京都市左京区岡崎最勝寺町13)
日時:2019年10月20日(日)・11:30〜/15:30〜
会場:神戸国際会館 こくさいホール(神戸市中央区御幸通8-1-6)
<共通>
料金:S席9000円、A席8000円、B席7000円
電話:0570-200-888
URL:http://kinshu2019.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ