ゴスペラーズ黒沢、大阪でカレーをハシゴ
2019.8.4 11:30

「ライブツアーのとき、前乗りできるときは必ず2軒は行くようにしてます」と言うカレーマニアの黒沢薫さん。カレー本を3冊上梓し、家でのカレー作りもお手のもの。またの名を「ハードコアカレーシンガー」と呼ばれる。

「ガネーシュN」(大阪市北区)では、迷わずエッグマサラをトッピングする黒沢さん画像一覧

そんな彼が、大阪市内のスパイスカレー多発地帯を北から順に4店ハシゴした。

攻める前にすでに饒舌な黒沢さん。「東京と違って大阪のカレー屋さんはメニューがどんどん変わりますよね。日替わりだったり季節に合わせたり。自由であることにアイデンティティがある! しかも、インド、スリランカ、タイなど味にきちんと背骨がありながら、いろんなメニューに挑戦している。あとはあいがけ、というプレゼンテーション・・・」。本人も「いきなりしゃべり過ぎだな(笑)」と言うほど前のめりになっている。

──1軒目は、スパイス+現地愛あふれる、インドのお家ごはんです【ガネーシュN】

「ガネーシュN」のマトンスペシャル(1000円)画像一覧

 黒沢「確実にこのカレーの背骨はインドの北にありますね。昔ながらのインドカレーの解像度をグッと上げたというか。たとえるならビートルズのアナログ盤をリマスターした感じ?」

食べたのはカチュンバ(インド風サラダ)付きのマトンスペシャル(1000円)。「マトンの脂がいい感じで浮いて、この濃厚さはローガンジョシュ(カシミール地方のマトンカレー)っぽい」と絶賛。同店はかつて心斎橋にあった名店「ガネーシュ」を受け継ぎオープン。

──2軒目は、完全オリジナル仕様の、和とインドの融合丼を【北浜 丁子】

「北浜 丁子」の激辛チキンキーマと麻辣キーマのあいがけ(800円)画像一覧

黒沢「刺激マックス! ハバネロ半端ない。でも旨みとスパイシーの山がちゃんとあるし、味噌の甘みも効いてる。これはオリジナルなカレーだな〜。それにしても汗が止まりません!」

「丼だ」と驚く黒沢さん。こちらは「和レー」でおなじみの店「ゴヤクラ」のDNAを受け継ぐ店。激辛チキンキーマと麻辣キーマのあいがけ(800円)に「和とインドカレーの中間の旨い辛さ。味噌が入ってる分、ちょっと豚汁を感じる、そんな懐かしさも。辛い! 俺いま燃えてます」とコメント。

1 2

『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)9月号』

2019年8月1日(木)発売
昨年夏の同特集から1年。オリジナリティ溢れるスパイシーなカレーが、まだまだ増えています。どれだけ進化したのか、どれだけ拡散したのかをさらに追求。また、完売の昨年記事を再録。大盛り、特盛り、今年も大阪スパイスカレーがホットです! 特別定価600円(税込)
URL:https://www.lmagazine.jp/meets/

「ガネーシュN」
住所:大阪市北区天満宮1-10-18
営業:11:30〜16:00(売り切れ次第終了)※月・水曜休

「北浜 丁子」
住所:大阪市中央区東高麗橋5-3
営業:11:30〜15:00、18:00〜21:00(月〜金曜)※日・祝休

「ナップオフ」
住所:大阪市中央区瓦町1-1-6 escapé内
営業:11:30〜16:30 ※木曜休

「定食堂 金剛石」
住所:大阪市中央区瓦屋町1-8-25 ハイツ松屋町1F
営業:11:30〜14:00、18:30〜21:00(火曜は〜16:00)※水曜休

  • facebook
  • twitter
  • はてブ