完全個室型ベビールーム、近鉄奈良駅で導入
2019.8.3 13:00

近畿日本鉄道「近鉄奈良駅」で、完全個室型のベビーケアルーム「mamaro」が8月1日から試験的に設置された。関西エリアの鉄道に導入されるのは今回が初めてだという。

可動式個室型ベビーケアルーム「mamaro」の外観、室内画像一覧

 

乳幼児とのお出かけで欠かせない、授乳室やおむつ交換台の存在。だが、出先で突然必要になった時に十分な設備がなく、代わりに更衣室や多目的トイレなどを利用する姿も多くみられる。特にプライバシーが気になる授乳室は、カーテンで仕切られただけの簡易的なものも多いのが現状だ。

そんなニーズに応え、今回は近鉄のなかでも観光目的の利用客が多い、近鉄奈良駅で可動型ベビールームのテスト導入をスタート。改札内コンコースに10月31日までの3カ月間設置され、個室空間の利用状況と需要を調査し、今後の設置方針を検討するとのこと。

今回導入される「mamaro」内にはソファやテーブルが設けられ、内鍵での施錠やセンサーのセキュリティシステムで、気になるプライバシー面も安心して使用することができる。登録や料金は不要で、7時半から20時半まで子ども連れの人は自由に使用可。早朝・夜間は施錠されるが、駅係員に声がけすれば利用でき、乳幼児と一緒でも安心して過ごせる。

「近鉄」

URL:https://www.kintetsu.co.jp/

「mamaro」
URL:https://www.trim-inc.com/mamaro

  • facebook
  • twitter
  • はてブ