紅茶専門のムジカ、6年ぶりに喫茶店再開
2019.7.25 12:00

関西の紅茶文化をけん引してきた紅茶専門店「Musica TEA」が、休止していた喫茶部門を約6年ぶりに再開。「Tea Saloon Musica」(兵庫県芦屋市)として7月9日にオープンし、各地から紅茶好きが訪れている。

トーストはオイルサーディンなどを使ったチーズトーストなども。食器やティーコージーなども堂島店の時のままなのがうれしい
トーストはオイルサーディンなどを使ったチーズトーストなども。食器やティーコージーなども堂島店時代のままなのがうれしい画像一覧

現在は茶葉販売を中心にするも、もとは喫茶店から出発した同店。2013年に堂島の喫茶スペース(大阪市北区)を閉鎖し芦屋に移転した後も、その志を継げるスペースを探していたという。

そんななか、今年に入って歴史的建造物「旧宮塚町住宅」(兵庫県芦屋市)への入居を決めた三代目オーナー・堀江勇真さん。「この建物ができたのも、ムジカが始まったのも1952年。願ったりかなったりだと思いました」と、運命的な出会いがきっかけだったと話す。

メニューは、ムジカ自慢のポットサービスによる紅茶(600円~)のほか、常時4~5種類をそろえたケーキや、7種類のトーストが並ぶ。特に、今回から新メニューに加わったバター&カヤトースト(600円)は、東南アジアでポピュラーなパン用のペースト「カヤ」を使用。ココナツの風味が効いた、濃厚だけどさわやかな甘さは、ミルクティーと相性抜群だ。

今はなき堂島店のオマージュが散りばめられた店内。カラフルなお茶用の箱や、レアな茶器があちこちに
今はなき堂島店のオマージュが散りばめられた店内。カラフルなお茶用の箱や、レアな茶器があちこちに画像一覧

堂島時代からの常連を中心に、休日には入店待ちの列も。1970年代から通っていたという、大阪の60代の女性は「初めてスパイスティーのおいしさを知ったのがムジカ。内装のあちこちに昔の店のオマージュがあって、また素敵な所になりそう」と、喜びの表情を見せていた。

「祖父の時代のレシピのスコーンなど、昔の人気メニューの復活も考えています。本当においしい紅茶が飲めるお店として、ここから紅茶の魅力を伝えていきたい」と堀江さん。営業は昼11時から夜7時まで(日曜休)。

取材・文・写真/吉永美和子

「Tea Saloon Musica」

住所:兵庫県芦屋市宮塚町12-24 旧宮塚住宅1F
営業:11:00〜19:00(LO)※日曜休
電話:0797-38-8677
URL:https://www.facebook.com/Musica-TEA-461026023948538/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ