関西で泡フェス、世界から100種登場
2019.7.14 7:00

世界から約100種のスパークリングワインが集結し、関西の飲食店200店舗で楽しめるイベント『関西スパークリングフェス2019』が7月15日から開催される。

7月15日から開催される『関西スパークリングフェス2019』画像一覧

今年で開催5年目を迎える同イベント。会場は、関西のイタリア料理店やスペインバル、カフェなど約200店舗だ。参加店はそれぞれの料理に合うようにと、実行委員会がフランスやチリ、イギリス、ギリシャなど世界中から集めた100種類のスパークリングワインから銘柄をさらに厳選し、グラスサイズで販売する。お店をハシゴするごとに各国のお酒と出合うことができ、まさに街一帯がスパークリングフェスティバルの様相となる。期間は8月31日まで。

また7月20日・21日には、『梅田ゆかた祭り』に合わせて、「MBS本社」(大阪市北区)1Fに特設ワインバーをオープン。イギリスやギリシャといった珍しい産地のスパークリングを飲み比べできるほか、先日の「G20」首脳夕食会で提供された大阪のワイナリー「カタシモワイナリー」産スパークリングも登場する。

『関西スパークリングフェス2019』

期間:2019年7月15日(祝・月)〜8月31日(土)
営業:店舗により異なる
会場:関西の飲食店200店舗 ※詳しくは公式サイトにて
URL:https://wine-link.net/pc/kansai-spafes/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ