京都で競演、日本とポーランドの現代美術
2019.5.14 6:00

日本とポーランドの国交樹立100周年を記念した『セレブレーション-日本ポーランド現代美術展-』が、5月18日から「京都芸術センター」(京都市中京区)や「元離宮 二条城」(同中京区)など、京都市内の4カ所でおこなわれる。

ピョトル・ブヤク《花火》2019年 ©Piotr Bujak画像一覧

本展では両国の若手中堅作家が参加するが、単なる作品展にとどまらず、両国の作家が「生きた対話」をおこない、共同制作を含んでいるのが大きな特徴だ。出展作家は、日本がコンタクト・ゴンゾ、東影智裕、石橋義正+安藤英由樹、小泉明郎ら12組、ポーランドは、カロリナ・ブレグワ、ピョトル・ブヤク、マリア・ロボダら9組が予定されている。

小泉明郎《私たちは未来の死者を弔う》2019年 ©Meiro Koizumi Courtesy of MUJIN-TO Production画像一覧

また会場は、元小学校や古民家、モダン建築、世界遺産という魅力的な空間。移動は地下鉄や市バスを使えば、1日で全会場を巡ることができる。日本の作家たちがどのような作品を出してくるのか楽しみだが、それ以上にポーランドの作家をまとめて見られる機会は貴重だ。このチャンスに両国の現代美術を、多彩な建築空間で楽しみたい。期間は6月23日まで(会場により異なる)、料金は無料。

文/小吹隆文

『セレブレーション-日本・ポーランド現代美術展-』

期間:2019年5月18日(土)~6月23日(日)※元離宮 二条城での展示は5/18・19、22〜26
時間:10:00~18:00 ※時間、休業日は会場により異なる
会場:京都芸術センター、ザ ターミナル キョウト、ロームシアター京都、元離宮 二条城
料金:無料(元離宮 二条城は別途入城料が必要)
電話:075-213-1000(京都芸術センター)
URL:http://www.kac.or.jp/events/25636/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ