飲むパブロ、難波にチーズティー専門店

2019.5.14 13:00

写真映え必至のアート空間「AKICHI」内にあり、写真を撮る女性たちであふれていた「タピチ」(大阪市浪速区)

(写真4枚)

焼きたてチーズタルト「パブロ」のオーナーが手がけるタピオカチーズティー専門店「タピチ」(大阪市浪速区)が5月1日、大阪・難波にオープン。週末は観光客を中心に多くの女子学生や主婦が訪れている。

台湾発祥といわれる「チーズティー」は、お茶の上にチーズクリームを乗せたドリンク。現在台湾をはじめ、中国などアジアを中心に世界でブームとなっており、「パブロ」でも2018年より販売。ファンもじわじわ増え、思い切って専門店にしよう、と誕生したのが同店だ。

同店のチーズティーは、ドリンクのうえからパブロのチーズタルトと同じクリームチーズやミルク、塩などをあわせて泡立てたきめ細やかなミルクフォームをかけたもので、ドリンクや自家製シロップで漬け込まれたタピオカの甘さとチーズミルクフォームのほどよい塩気がマッチ。1度味わうとクセになる新感覚のドリンクとなっている。

タピチ(タピオカチーズティー)。左から黒糖ミルク、アッサムジラフティー、いちごミルク(Mサイズ650円、Lサイズ800円)

生タピオカが入ったチーズティーはアッサムジラフティー、黒糖ミルク、いちごミルク(Mサイズ650円〜)の3種。そのほかシンプルなタピオカドリンクなど13種類のメニューがスタンバイ。1番の人気はカラフルで写真映えするといういちごミルク。いちごの果肉とチーズクリームがマッチしてデザートのような味わいながら、甘すぎずさっぱりしているので、男性や甘いものが苦手な人にも好評だという。

店舗は3月末にオープンした写真映え必至のアート空間「AKICHI」内にあり、ウォールアートやカラフルなコンテナ店舗を背景に写真を撮る女性たちであふれていた。場所は大阪市浪速区難波中2−3−20で、営業時間は11時から19時。

取材・写真/野村真帆

「TEA STAND TAPICHI」

2019年5月1日(水)オープン
住所:大阪市浪速区難波中2-3-20
営業:11:00〜19:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本