うたで時代辿る、大阪で「皇室のこころ」展
2019.5.1 19:30

上皇陛下と上皇后陛下、天皇陛下と皇后陛下が、昭和・平成時代に詠まれた歌を紹介する『象徴のうた~皇室のこころ~』展が、「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)で5月1日から始まった。

平和を願う心が伝わってくる展示内容に
平和を願う心が伝わってくる展示内容に画像一覧

平成30年から平成最後の年にかけて、全国30紙に掲載された新聞連載『象徴のうた』から企画された同展。天皇が詠まれる歌は「御製(ぎょせい)」、皇后が詠まれる歌は「御歌(おうた)」と呼ばれ、宮中歌会始選者でもある歌人・永田和宏さんがこれまでの作品から紹介。

『被災者に寄り添ううた』、『深い愛のうた』、『新天皇 皇后 両陛下のうた』などテーマに沿って、背景や思いについての解説と、さまざまな時代の写真が展示されており、会場を訪れた人々は、老若男女幅広く、じっくりと展示を見ながら、時代を振り返っていた。

令和の天皇陛下と皇后陛下の20歳の頃、結婚の頃などのものも
令和の天皇陛下と皇后陛下の20歳の頃、結婚の頃などのものも画像一覧

同店での買い物中に知って訪れたという22歳の女子大学生は、「私が生まれる前について改めて知ることができ、大変貴重な機会に。国民に寄り添っていらっしゃったことが伝わってきました」と、じっくりと時間をかけて読み込んでいた。場所は、『大北海道展』も同時に開催されているウイング館9階催会場にて5月14日まで、入場無料。

『象徴のうた〜皇室のこころ〜』展

期間:2019年5月1日(祝・水)〜14日(火)
時間:10:00~20:00(最終日は~17:00)
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9F(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
料金:入場無料
電話:06-6624-1111
URL:http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ