淡路島で癒やされる、森のなかのカフェ
2019.5.3 8:00

「森のなかでひっそりとした店をしたくて」「本を読んでゆっくりとしてもらいたくて」など、店主が静かな空間にこだわった素敵なカフェが、森のなかにオープンしています。海沿いだけじゃない淡路島の魅力がいっぱい。メインロードを少し外れた静かな里山でゆったりと過ごせるカフェを3店、紹介します。

アメリカの古い映画館をイメージ「ブックカフェ アヌイ」(淡路市)

豊かな木々に囲まれ、眼下に海が広がるという贅沢すぎるロケーション(ブックカフェ アヌイ)画像一覧

アメリカの古い映画館をイメージしたというこちらは、開発途中の山上施設「シェブロンハムレット」内のカフェ。豊かな木々に囲まれ、眼下に海が広がる贅沢すぎるロケーションが素敵です。「本を読んでゆっくりしてもらいたくて」と、淡路島出身の店主・横山夕納さん。窓からは抜群の景色が眺められ、島時間をたっぷりと楽しめます。メニューはタコライス800円、コーヒー400円など。

山を登ってたどり着く、一軒家カフェ「森のオト。こぞらそう」(淡路市)

別荘地に建つ一軒家のカフェ。焼き菓子のテイクアウトも(森のオト。こぞらそう)画像一覧

淡路島のカフェの先駆者的存在でもある「こぞらそう」が移転し、2017年に山の上にオープン。「森のなかでひっそりとした店をしたくて」と、オーナーの藤江麻有子さん自ら設計を手がけ、お気に入りのアンティークのテーブルを並べた、思い入れのあるお店に。以前から好評の、地元の野菜をふんだんに使ったランチ(1680円)もいただけます。店へ向かう坂道は急だけど、ワクワクと期待がつのります。

木のぬくもりが心地よいコテージカフェ「ラウーベ」(洲本市)

深い緑に囲まれたコテージ風の一軒家(ラウーベ)画像一覧

木々の深い緑に囲まれたコテージ風の一軒家は、元植木屋の展示場を15年かけて少しずつリノベート。手作りの温もりが満ちた空間で、3種のランチや季節替わりのスイーツなど、地元の食材を使ったヘルシーなメニューが楽しめます。また、ワンコ連れ専用の別室やドッグラン、宿泊できるコテージ(5〜10人)も併設。のんびりと島の空気に癒やされる、とっておきの隠れ家です。メニューはパフェ1000円など。

(出典:リシェ別冊『淡路島』

「book cafe ANUY」
住所:兵庫県淡路市下司1521-21
営業:11:00〜18:00 ※火曜&最終水曜休&不定休
電話:0799-60-0011
URL:https://anuy21.com/

「森のオト。こぞらそう」
住所:兵庫県淡路市里573-6上ル
営業:10:00〜17:30(ランチは11:00〜14:30)※日・月曜休(祝日の場合は火曜休)
電話:0799-70-1885

「La Uhbe」
住所:兵庫県洲本市五色町鮎原南谷525-2
営業:11:30〜17:00(ランチは〜15:00)※火・水曜休
電話:0799-32-1188
URL:http://lauhbe.web.fc2.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ