スーツ採寸の専門店、サービスはいかに?
2019.4.27 6:00

店頭で採寸し、気に入ればECサイトで購入。そんな新時代のサービスで知られるオーダースーツ専門店「FABRIC TOKYO」が、大阪に初出店。そのメディア向け内覧会がおこなわれ、斬新なスーツオーダーを編集部が体験した。

店頭では、体型の悩みなどをヒアリングされつつ、採寸をおこなう画像一覧

リアル店舗が、ECの試着室になるビジネス

ここ数年、ビジネスモデルとして注目を集めている考え方がある。それは「在庫を置かないリアル店舗を、ECサイトの試着室にする」というもの。この動きは海外から始まり、国内でも、ファッションビルを運営する「丸井グループ」(本社:東京都中野区)やアパレル大手「ジーユー」(本社:東京都港区)が同様の店舗を出店して話題となった。客が店舗で見た商品を、ECサイトで購入する「ショールーミング」という消費行動は、客にとってメリットはあるのか?

顧客のメリット
その場で購入しなくてもよい/ECサイトの商品を自由に試着できる/購入した商品を「家まで持ち帰る」手間がなくなる
顧客のデメリット
商品がすぐ手に入らない/送料がかかる

メリット、デメリットを比べてみると、そこはやはり一長一短だが、顧客からすればECサイトではできないサイズ感の確認や、物の手触りを知ることができる場所になる。そして店側にとっても、店頭での売上を気にする必要がないため、店舗スタッフはブランドの世界観や製品の良さを伝えることに専念できる。そんな新しい小売店の在り方が注目されるなか、「オーダースーツ」専門の「FABRIC TOKYO」が大阪初の店舗をオープンした。

「FABRIC TOKYO 大阪梅田」店内の様子画像一覧

店舗でできる主なことは、採寸とヒアリング。それをもとにコーディネーターが約500種類の中から生地を、そしてスーツの最適な型を提案してくれて、約4万円からオーダーできる。オーダーメイドのスーツといえば、服好きがこだわりを実現するためのもの、というのが従来のイメージだが、東京ですでに4店舗を展開した同店では、驚くことに初めてスーツを購入する利用客も多かったという。スーツ初心者も利用する、新しいスーツオーダーサービスとはどんなものなのか?20代男性記者が店頭でのオーダーの様子をレポートする。

1 2

「FABRIC TOKYO 大阪梅田」

2019年4月20日(土)オープン
住所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B1
営業:10:00〜21:00
URL:https://fabric-tokyo.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ