京都に新しい小劇場、全国から有力劇団

2019.4.12 06:00

プログラムに参加するアーティストと劇場関係者ら(8日・京都市南区)

(写真11枚)

6月22日にオープンする京都の新しい小劇場「THEATER E9 KYOYO」(京都市南区)。会見で来年3月まで続く「オープニングプログラム」の内容が解禁され、参加する劇団の代表たちが意気込みを語った。

全32演目となるプログラムには、まだ活動期間1年程度の若手から、「MONO」「地点」のように全国レベルで活動する中堅どころまで、京都を拠点とするさまざまな集団が参加。また、地元劇団だけでなく、平田オリザが率いる「青年団」や映画監督・松居大悟が結成した劇団「ゴジゲン」などの有力劇団も並ぶ。

会見では、20組以上の各団体の代表が壇上に。特にMONO主宰・土田英生は「京都から劇場がどんどんなくなることを、ずっと気に病んでいました。劇場はやっぱりソフトがおもしろくないと活性化しないから、『おもしろい劇場ができた』と思ってもらえる演目にするようがんばりたい」と、全参加者の気持ちを代弁するようなコメントを寄せた。

劇場は、館長・茂山あきら出演の狂言『三本柱』でオープンし、その後のラインアップは、現代風の演劇やダンスだけでなく、伝統的な狂言あり、アート寄りのインスタレーション・パフォーマンスありと、バラエティに富んだ布陣。当初は月1~2回、9月からはほぼ毎週のペースで、オープニングプログラム作品が上演される予定。

取材・文/吉永美和子

「THEATRE E9 KYOTO(シアター イーナイン 京都)」

住所:京都市南区東九条南河原町9-1

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本